〜猫の鼻〜 suzukineko photo blog

一眼レフ、ミラーレスでの猫撮り。ソニーのカメラ、ZEISSレンズの使用感などを発信しています。

〜猫の鼻〜  suzukineko photo blog イメージ画像
【SONY】SEL135F18GMのソニスト価格は、214,000円+税

横浜

まだあるのかよ!・・と、言われそうですが、 このネタは、もう少しだけ続きます(笑) この時は、NEX-3とDMC-LX3を同時携行していたので、 ほぼ同じシチョエーションで撮り比べしています。 等倍で見れば、明らかにNEXのほうが上ですが、 鑑賞サイズで見る限りは、
『NEXとLX3で歩く横浜 ヨコハマ編』の画像

NEXと同時携行ですから、当然、元町編もありますよ。 前回に同じく、興味のある人は、「続き」からどうぞ。 元町編は、特にLX3のほうに歩がある感じがしました。 これは、猫では裏目に出る画質傾向も、商店街では逆に冴えるという事なんでしょう。 関係ない話ですが
『DMC-LX3で行く横浜 元町編』の画像

再び、LX3です。 MM21があれば、当然、「象の鼻」も出てきます。 「一応LX3も見ておくか・・」 と関心のある方のみ、「続きを見る」からどうぞ。 お気づきの方もいるかもしれませんが、 震災後の新宿のスナップは、LX3です。 このように、普段持ち歩くには、必要
『DMC-LX3で行く横浜 象の鼻地区 回想編』の画像

またこれかよっ!って感じですが・・回想編です。 NEXって、パンケーキ以外のレンズ付けたら、 コンデジ並みとは、とても行かないです。 今後出るであろう、“良い”レンズで、 パンケーキというのは、おそらく無いですから、 NEXは、コンデジ代わりにはなりません。 一昔
『DMC-LX3で行く横浜 MM21 回想編』の画像

さて、象の鼻からの行き先(ヨコハマ地区)は、前回同様ですが、 R1との比較ネタは切り上げ、元町で撮ってみました。 従って「回想編」ではありません。 元町市街みたいな所ですと、R1よりはNEXの方が構え易いですね。 と言っても、入り口付近で撮ってただけですが・・
『NEXで行く横浜 元町編』の画像

R1と同じフレーミングで歩く企画・・、 象の鼻地区でも撮っています。 因みに、R1バージョンはこちら。 こちらに来ると、益々フレーミングが曖昧になっていますが、 大体同じという事で。。 ( SEL1855 23mm f8 ISO200 ) ( SEL1855 23mm f8 ISO200 ) この絵に至って
『NEXで行く横浜 象の鼻地区  回想編』の画像

前回、横浜をR1で撮っていますが、 同じ風景を、NEXのSEL1855で撮り比べてみました。 「回想編」とはそういう意味です。 同じ日に撮った訳でもなく、時間も光線条件も異なりますし、 「こんなんだったかな?」と記憶でフレーミングしており、 R1同様、Pモードで撮って
『NEXで行く横浜 MM21 回想編』の画像

象の鼻地区を抜けると、その先は、山下公園、元町、山手方面と、典型的な横浜市街になる。 もうひっくるめて「ヨコハマ」にしました。 ( 14.5mm F7.1 ) 学生時代から残っている「SONY」 このソニーを見て、αやNEXは想像出来ない。。 ウォークマンでも苦しい・・
『R1で行く横浜 ヨコハマ編』の画像

万国橋から赤レンガ方面を抜けて、山下公園へ向かう途中、 横浜税関の塔がある辺りの港湾が、象の鼻地区と呼ばれてる所です。 赤レンガ自体、そもそもは新興の埋め立て地に出来た、当時のみなとみらい的存在ですが、 象の鼻地区は、近隣の大倉庫(税関の保税倉庫)である、東
『R1で行く横浜 象の鼻地区編』の画像

10日に横浜まで出かけたのは、ツァイスのモックを見るためだけではありません。 R1で横浜を撮ってみる次いでに、 せっかくだからCP+も覗いてみようかという事だったのです。 1時間程で会場を後にし、元町方面まで歩いてみました。 横浜は年に何度も行っていますが、元
『R1で行く横浜 みなとみらい編』の画像

↑このページのトップヘ