エコシステムの要、iCloud

さて、今回は、iCloudですが、
話が長いというより、添付画像が論外に多くなってしまったため、
またまた2回に分けます。


iCloudは、単なるストレージではなく、

ソリューションと言っていいほど、
Appleの端末間で、様々な機能を実装しています。
本来のクラウドとは、そういうものでしょうね。


写真、メール、メモ、スケジュール、
などの同期をアプリレベルで提供し、

iOS端末のバックアップ、
端末ストレージ領域の節減など、
働きぶりが、Amazon Driveとは対象的です。

また、そのために、iOS端末を複数持った時点で、
有料プラン移行必須となる、いい意味で巧妙なシステムです。

有料プランは3つ
50GB 月額130円
・200GB 月額400円
・2TB 月額1300円 

無料で、5GB使えますが、
iOS端末2台を普通にバックアップすると、
たぶん、5GB近くには行くのではないでしょうか?

・・このままでは、ヤバい。と考えます。

iCloudがあるから、2台目もiOSが便利ですし、
2台目持ったら、5GBじゃ済まなくなるのです。

つまり、有料50GBへの移行は避けられないのですが、

その敷居の低さ(130円)から、おそらく誰もが、
「有料」というハードルを超えてしまってると思います。

他社では、こんな細かい商売はしていませんが、
この入り口部分を、アップルは重要視し、
一番難関な最初のハードルを・・超えさせてるんですね。

ただ、そんなハードルは、
さっさと超えた方がいいと思います。
iPhoneには何万円も出してるのに、
自分のデータに、
年間1560円の価値も無い・・
と思えますか?

私も、iPad mini4を購入直後、50GBにしていますが、

有料ストレージは、初めてです。
結局、10GBも使っていません。

Lr7-IMG_0815
現時点のiCloud 使用量です。
完全に持て余していますが、
50GBというのは、画像や動画には足りないし、
その他の書類にはオーバースペックで、微妙な要領ですね。
 
とりあえず、5GBでは絶対足りません。

画像の同期を、別の方法にすれば、
今の私なら、5GB以内でも余裕ですけど、
やはりiCloudの連携機能は使いやすく、
Apple製品の醍醐味と思います。
何より、一度は、iCloudに救われています。

バックアップをiTunesで取る方法もありますが、
端末が複数あれば、台数分、Macと向かい合うわけで、
小まめにやってられませんし、
Macが、それに対応出来る機種、OSである必要もあります。

結局、間が空いてしまうリスクはあると思うので、
だったら、iCloudに全部お任せの方が、安心だと思います。 


そしてこの小さな130円が、

エコシステムのフロントエンドとなるのです。

これによって、例えば、
何かのきっかけで更に大容量のプランを考えたとき、
・・一番身近なのは、動画でしょうか?


他社新規に比べ、130円分の節約ができる事になります。

だったら、アップルで纏めるのが効率的だ!

他社と分けて持つより、50GB分少なくはなりますが、

契約プランの容量=自分の総容量・・と考えるのが普通です。 


つまり、後200GB欲しい・・
ではなく、
トータル200GBにしたい。
と考えませんか?

ならば、バラバラで持って、130円余計に払うより、
一つにまとめた方が、たしかに効率的です。

プラン構成もシンプルで、価格も抑え気味です。
Google Oneは、
正に、このiCloudにぶつけた、 新料金体系ですね。
Lr7-IMG_0816
バックアップで使っているのは、1.3GBほど。
写真をiCloud Photosに回しているので、この程度です。

特にiPhone5は、現役を退いて400MBもありませんが、
SNSで一番使いやすいのは、未だにiPhone5ですね。


iCloudが便利でたまんないという人、
連携データの総量が大きい人などは、
200GB以上に行くのでしょうが、
画像ストレージとして見た場合、どうでしょうか?

放置&お任せ派は、Apple
自分でやりたい派は、Googleでしょうかね。

画像用クラウドとして見た場合、
iCloudには、主に3つの使い方があります。

iCloud Photos


以前の、iCloud Photo Libraryですが、
iOS端末やMac上の、Photosアプリを通して、
画像や動画を同期させる機能です。

Lr7-Screen Shot 2019-02-12 at 2.01.41 AM
Macでは、
「システム環境設定」>iCloud> Photosのオプションで設定します。

とりあえず、ここをチェックしておきなさい!
とでも、言いたいようです。
 
同期なので、クラウド上も、各端末上も、 
同じ状態になります。

端末毎にカメラロールを独立させたい。
という人は、ここをチェックしてはダメです。


iPhoneで撮ったショットを、 直ぐにMacで編集加工する。

といった操作や、
その逆・・Macでの編集等を、iPhone経由でシェア。

など、
アプリを通じて、ダイレクトに同期できる点は、やはり便利です。



特に、Mac用Photosは、
iPhotoを引き継ぐ、画像整理には、
そこそこ便利なアプリで、
カメラロールの状態を管理する、母艦たりえます。


Photosの役割は、
・カメラロールの整理。
・取り込んだ画像をブログや画像アプリなどに渡すブリッジ。

この範囲においては、とても使いやすいと思います。
私は、それ以上の使い方はしていません。

それこそ、
カメラロールをフィールドにしている、
Adobe Bridgeみたいなものではないでしょうか?

RAWを含む、基本的な編集機能も装備しており、
簡単な編集は、Photosでも済ませられると思いますが、
オリジナルを弄ってしまうので要注意です。

MacのPhotosでは、

とりあえず、スマートアルバムを作れる点が便利ですね。
(Adobe Bridgeでは、スマートコレクション)
・・特定の条件に該当するファイルのみを抽出する、
アルバムやフォルダの機能です。

例えば、 特定の日付で撮影された写真、
特定の機種で撮影された写真、
特定の文字列を含むファイル名、

ロケーション別、キーワード別などにアルバム化し、
フォルダで階層化する事もできます。

元になる、キーワード付け機能も、当然あります。

Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 10.52.23 PM
このスマートアルバムでは、
「スマホで撮ったものではない画像」のみを洗い出しています。

カメラ経由の画像などを、iOS上で見るのもまたオツですが、
整理しておかないと、iOS上では、何がどこにあるのか、わからなくなります。
 
その他、シェア用に編集したもの、スクショなど、
カメラロールには雑多な画像が混在します。
 
スマートアルバムは、写真を整理する上で、不可欠な機能だと思います。 

スマートアルバムは、iOS端末上では見れませんが、
ワンクッション入れれば、同じものを見れます。 

Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 10.53.41 PM
これは、Honor8で撮った画像のみのスマートアルバムです。
スマートアルバム自体は、iOS端末では見ることができませんが・・、
 
Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 10.59.31 PM
「Honor8 Pics」という、普通のアルバムを作って、 
スマートアルバムの内容を丸ごとコピー。

Lr7-IMG_0817
それをiPadで見れば、
スマートアルバムを見てるのと同じです。

最近は、
ライブラリが勝手に、こういうアルバムを生成しますけど、
自分でも簡単に作れるという事です。

写真が大量になってくると、
やはりPCを使った方が、整理の効率はいいですし、
大事な写真を誤って消すような事も避けられると思います。

EXIF、キーワード(タグ)、スマート機能
この3つがあれば、写真の整理はどうにでもなります。


ブック、カード、カレンダーの作成など、
iPhotoでお馴染みの機能も引き継いでいますね。

Macの任意のフォルダへ画像をコピーする際も、
サムネイルのドラッグだけで済むので、手間がかかりません。

また、iCloud Photosと切り離して、
純粋にMac上の画像ソフト、iPhotoの代わりとして、
使うことも可能です。


さて、同期型ストレージゆえ、
クラウドと端末の内容を同じにしようと働くので、
端末からクラウドの内容が、常に全て見えますし、
削除すれば、クラウドからも、全端末からも、削除されます。

・カメラロールには、お気に入りだけ残し、他はクラウドへ!

という用途には、向いていません(使えません)。

そもそもが、同期は、作業ファイルの置き場所向きです。

PCをベースにした、大量のバックアップや、
一眼などで撮影した画像をストックし続けるような用途にも、
向いてないと思います。



例えば、10年分の写真データをMacからバックアップしたい場合、


iCloud Photosを使うと、

全iOS端末のカメラロールに、それが反映されますし、

iCloudにサインインしているMacには、

全データがDLされる事になります。
また、再サインインなどすると、
持っているデータのアップロードを始めたりします。

Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 22.30.51
ストレージ管理画面にて、Photos Libraryの圧縮指定が可能です。
実データはクラウドに保存し、
Macには圧縮バージョンを置くようです。
 
同じ項目は、Photosの「環境設定」にもあります。

この指定をしなければ、フルデータがMacにDLされます。

iOS端末上では、
ファイルに触らなければ、DLはされないでしょうし、
Mac上でも、圧縮が可能とはいえ、


100GB単位でのデータを、一つのライブラリに持たせる事自体、

レスポンス的にも影響ありそうですし、
不具合が発生しても不思議ではありません。

Photosは、ライブラリを複数作成できますが、
クラウドに同期が出来る、System Photo Libraryは、
Macの中に一つまでです。

もひとつ、
Photosに同期させるデータは、
全て、Photos Library内に格納され、
Mac上の任意のフォルダでの管理が出来ません。

勝手に管理されても、不整合の基になるので、
当然といえば、当然なのですが、
これが、人によっては、ストレスフルに感じると思います。

設定によって、元データをPhotos Libraryの外に持つ事もできますが、
同期するデータ(=クラウドに乗るデータ)は、
Photos Library自身の管理ファイル)内のデータに限られます。
Lr7-Screen Shot 2019-02-09 at 6.55.57 AM
Photosの「環境設定」で、
「写真をPhotos Libraryにコピーする」 のチェックを外せば、
データをMac上の任意の場所に持つことも出来ます。

iTunesで、音源をiTunes Libraryの外に置くのと同じです。
 
Lr7-Screen Shot 2019-02-09 at 6.55.32 AM
が、このチェックを外すと、

iCloud Photos に同期するのは、Photos Library内のデータだけだよ!

と言ってきます。

Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 18.18.58
実データを、Photos Library外に設定しているPhotosで、
iCloud Photosを有効にしてみた状態です。

9194ファイル中、8040は、クラウドにアップしませんと言っています。
それらが、Photos Library外のデータです。

Photos Libraryは、通常、既定フォルダのPicturesにあり、
これ自体は移動可能ですが、
中身に関しては、基本、Untouchableです。


雑多なデータを預けるには、むしろ便利ですので、
データというものを、カメラロールの上だけで考えたい人
には問題ないですが、

データをHDD上のフォルダで考える人、
自分で管理したい人には、向かないですね。


My Photo Stream


これも、カメラロールとMacを連携させるストレージですが、
iOS端末からの一方向であり、
iCloud Photosのように、端末と同期はしません。
また、正確には、iCloudのストレージを使いません。


従って、カメラロールで削除しても、
My Photo Streamにはデータが残るのが、大きな違いです。

また、MacからデータをMy Photo Streamに上げる。
という事も出来ません。

Lr7-Screen Shot 2019-02-12 at 2.01.41 AM
Photosのオプション設定で、

iCloud Photo Libraryの下にあるのが、My Photo Streamです。

iCloud Photo Libraryが無効でも、画像を取り込み、各端末に送信する。

という説明なので、

カメラロールは同期させる事なく、
My Photo Streamに、各端末の画像を集結。

という事が可能です。

なんだか、こっちの方がダブルでおトクな感じがしませんか?

また、これならバックアップに使えるのでは?
と考えたくなりますが、そうは行きません(笑)

元々、My Photo Streamは、
Macへのバックアップ(取り込み)を前提とした、
ブリッジ(一時置き場)であり、
iCloudの領域以外(つまりAppleのサービス)を使用するため、
枚数や時間の制限があります。

枚数は1000枚上限で、保管期間は30日だったと思います。
My Photo Stream自体を、バックアップとしては、使えません。

iCloudを使用するようにして、
その制限を無くすオプションがあれば、

容量分を、バックアップ領域として使えるのですがね。。


メリットとしては、
一番には、カメラロールから独立してる事ですが、

重要なのが、下位互換ですね。

OSX10.10より古いOSでも使える!
iPhoto、Apertureなどの古いアプリでも使える!
Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 7.34.13 AM
これは、iPhotoで見ている、
My Photo Streamの内容です。

こうして見てる画像も、一月経つと消えて行きます。

これは、同時に、
下位互換を嫌がるAppleによって、
廃止にされるリスクもありますが。


留意点としては、
iCloud Photosが有効になっていると、
Photosアプリでは、My Photo Streamが見れません。
Lr7-Screen Shot 2019-02-11 at 8.07.03 AM
iCloud Photosを無効にすると、
PhotosでもMy Photo Streamが見れるようになります。 

このため、知らない、見た事ない人も多いと思います。

iOSデバイスでは、
とりあえず、
iCloud Photos ONにしてないでしょうか?
だと、基本的に見れないですからね。


・端末毎のカメラロールは、一緒にしたくないけど、
Macへの取り込み作業はしたい人。
・端末毎のカメラロールは、一緒にしたくないけど、
統合した状態も同時に見たい人。
・Macへの取り込みとデータ管理を基本とし、
カメラロールはテンポラリである。・・・と考える人。

こういう場合は、My Photo Streamの方が合ってると思います。
同期が目的なら、iCloud Photosです。


3番目は、iCloud Driveですが、説明用の添付画像が多くなってしまったので、
また次回に分けます。