無料で非圧縮なら、MEGA

前回記事 Google Photos からの続きになりますが、

Google Photos
へ、非圧縮オリジナル画質で保存する場合、
Googleドライブの容量分がMAXとなるので、
無料の場合は、15GBまでです。

モバイル1台で、写真のみなら、
当面はこれでも足りるのではないでしょうか。

ただ、そんな無理をしなくとも、
MEGAなら、無料で50GBまで使えます。
無料なので、いつ使えなくなるかわかりませんし、
Google Photosのような、アルバムのサポート機能はありませんが、

現状、無料と非圧縮のオートロードなら、 MEGAが圧勝と思います。

私は、MEGAも使っていますが、
AndriodとiOSのライブラリ統合した状態を、
Android側で見れるための媒体、として利用しています。
iPhoneのPhotosを、オートアップロードしてるだけです。


Lr7-Screenshot_20190127-031110
MEGAもシンプルで使いやすいです。
上から4番目、前回の記事で、
Google Photosでは、594KBまで圧縮されていた画像が、
元ファイルのサイズを維持したまま保存されています。

ただ、今回のFlickrの件もあり、
無料のサービスは、継続がどうしても心配にはなりますね。

Google Oneの検討

あるいは、有料にしてGoogleドライブの容量を増やすかです。
長期的に見れば、有料サービスの方がやはり安心ですからね。

Googleドライブの有料プランは、高い印象でしたが、
iCloudを意識してるのでしょうか・・
現在のGoogle Oneに変わって、 かなり申し込みやすくなりました。

因みに、Googleドライブが無くなった訳ではなく、
Google Oneというのは、
Googleドライブを利用するためのサービス名
と考えればいいと思います。

Lr7-Screenshot 2019-01-26 00.17.30

価格は、容量の少ない方から、

・100GB 月額250円
・200GB 月額380円
・2TB 月額1,300円
・10TB 月額13,000円

100GBと200GBの価格差が、
iCloudの50GB料金(¥130)と同じである点など、
挑発的ではないでしょうか。

200GBのプランでGoogle Photosを使えば、
モバイルの画像ストレージとしては、十分だと思います。

2TBなら、PCからのアップロードにも耐えられそうですね。

また、特典のひとつに、
Googleの、電話やチャットによるサポートがあります。
とりあえずは、魅力ですね。


同期とバックアップの両方に便利な、Googleアプリ


ここからは、画像ストレージに限ったことでなく、
汎用ストレージとして関心のある話ですが、

Google Oneは、私的に今一番気になっているプランです。
それは、Googleドライブの新しいデスクトップアプリ、

Google BackUp And Sync
https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/download/backup-and-sync/

を使って、ドライブの使いやすさが気に入ったからです。
非圧縮でGoogle Photosを使いたい訳ではありません。

BackUp And Sync・・文字通り、 保存型、同期型、どちらでも使えます。
Googleドライブ時代は、同期のみでしたが※1、
そこに、バックアップ用の差分アップローダが追加された感じです。

※1 Dropboxと同じ方法で、非同期フォルダを指定できたかもしれないですが、
見た記憶がないので。


独自表現かもしれないので、念のため、

保存型・・バックアップなど、一方向の保存で、他の端末にはDLされません。
バックアップ元の端末で削除しても、クラウドからは削除されません。


同期型・・作業用のファイルや、壁紙など、
複数の端末で共有、連携したい用途向きです。

ファイルは、各端末にDLされます。
また、削除など、各端末での操作も、基本的には全端末に反映されます。


同期保存型・・バックアップ元とクラウドを同期させるのみで、
他の端末には、DLされません。
同期なので、バックアップ元で削除すれば、クラウドからも削除されます。
ミラーリングバックアップですね。
今回のGoogleの新機能はこれに当たります。


Googleドライブでは、
同期用は従来通りに、
保存用は、バックアップ元端末ごとに階層化し、
割とごっちゃにし易い、同期ものと保存ものを
とてもわかりやすく見せていると思います。

Lr7-Screenshot 2019-01-26 00.26.13
従来の同期型 Google driveに、 
保存型のフォルダを追加したかのように見せています。

これは、SafariからGoogleドライブを見ていますが、
上の「マイドライブ」というのが、同期ストレージ です。
ここの内容は、全てのPC端末上にDLされます。
 
Lr7-Screenshot 2019-01-26 00.26.23
下の「パソコン」というのが、保存型ストレージで、 
端末ごとの階層になっています。

ここの内容は、保存されているだけで、他の端末へはDLされません。
 
同期と保存、一方通行か双方向かの違いですが、
機能としては、殆どのストレージで両方が可能だと思います。

上述のMEGAでも、PCを使えばできますし、

手は入りますが、Dropboxでもできます。
ヤフーBOXでもたしか出来ましたし、
以前のAmazonドライブでもできました。

これらは、同期用のフォルダひとつのみを監視し、
バックアップについては、基本、手作業か、
Dropboxのように、同期保存を取るケースもあります。
 
Flickrの提供する、デスクトップ用アップローダは、
複数のフォルダを監視して、
差分アップロードをしてくれるという、優れものですが、
Proアカウントでのみ使用が可能になっています。

Google BackUp and Syncでは、
この機能が追加されたわけです。
(同期保存なので厳密には違いますが)
バックアップ用フォルダを自由に指定でき、
全て監視対象になります。

特定フォルダ配下に限定されないので、
バックアップしたいデータを一箇所に集める必要がありません。
ここが大変重要だと思います。

設定メニューをいじるだけで、
全て自動でやってくれますので、手間もかかりません。

Lr7-Screenshot 2019-01-26 02.24.50
バックアップフォルダの設定画面 
ここでチェックしたフォルダが、全て監視対象となり、
自動バックアップされます。

Macの既定フォルダを推奨していますが、フォルダは自分で指定もできます。
(CHOOSE FOLDER) 
ここでは、Google Saveというフォルダがそれです。

一箇所に限定されない事は、PC側のフォルダ構成を変える必要が無いので、
大変使いやすいと思います。

Lr7-Screenshot 2019-02-01 00.08.54
同期保存の場合、PC側で削除をかけると、
クラウドからも削除するか?と訊いてきます。
かと言って、クラウドにのみ残すという事は出来ません。

ここで「RESTORE」を指定すれば、PC側にも当該データがDLされ、
フォルダ間の同期を維持します。



例えば、バックアップ対象を、「Dropboxフォルダ」という、
ひとつのフォルダ配下に集めるという事は、

上の画面で例えるなら、
Desktop,Documents,Pictures,GoogleSaveの各フォルダを、 
「Dropboxフォルダ」内に移動かコピーする必要があります。

現実的に、移動は無理なので、
Mac内でDuplicateが発生し、領域が無駄になりますね。
 
更には、書類、画像、動画など、
全てのデータをひとつのパーティション内に置くという事であり、
データが増える程、不自由が出てこないでしょうか?
・・仮に1TB分を保存しようとした場合、
Dropboxフォルダ内が1TBに膨れるという事です。

尚、同期フォルダについては、
従来通り、Google Syncフォルダ固定です。
ここは、他のストレージと変わりません。
 
 
主に、Lightroomのカタログファイルの保存に使っていますが、
オリジナルフォルダをバックアップ対象にすると、
カタログ以外にプレビューデータなど、数10GBに及ぶものもあるので、
とんでもない事になります。

カタログ本体のみ、
ツールで、上記のGoogle Saveにコピーをしています。

Lr7-Screenshot 2019-01-30 12.06.54
ここが、Lightroomのオリジナルフォルダ
プレビューデータも保存されており、
カタログの大きさによっては、数10GBになります。
クラウドにアップしたいのは、.lrcatのカタログのみです。

Lr7-Screenshot 2019-01-30 12.07.19
ここが、バックアップ対象にしている、Google Saveフォルダ
Free File Sync というツールで、
同じフォルダ構成に、.lrcatのみを抽出しています。
これらが、差分アップロードされます。

ただ、動画を数10GBに渡ってバックアップしたいとなると、
同じ場所(Google Save)では、領域圧迫などの問題が出る可能性もあります。
その場合、別フォルダを任意に指定できる事の意味位は大きいです。

シンプル過ぎる?Dropbox


Dropboxの、
スクリーンショットを勝手に取り込んでくれる機能は、
とても便利ですね。

因みにこのブログの関連データは、全て、Dropboxに入れています。

PCでは、基本は同期型、
モバイル端末からは、バックアップ型として動きます。
・・Dropbox内の内容を見せてるだけで、
端末上にファイル展開するわけではありません。

PCで同期保存型として使うには、

当該フォルダを、Dropboxの設定で、
同期させないフォルダに指定する事で実現します。

ただ、指定できるのは、
Dropboxフォルダのルート(直下)にあるフォルダのみです。

Lr7-Screenshot 2019-01-26 01.19.45

Dropboxの同期設定画面:Choose folders to syncに入ると、 
ルートにあるフォルダの一覧がリスト表示され、
チェックを外したフォルダは、その機種には同期されなくなります。

また、モバイル端末では元々同期型ではないので、
このような設定はありません。 

また、これは、同期させたくない端末ごとに設定する必要があります。

大した手間ではないですし、
これはこれで、シンプルでいいですが、 視認性が悪過ぎです。

パっと見て、どれが保存型フォルダなのか、
自分でわからなくなりそうです。 


_SaveOnly_MacBook Pro A1229

とか、ルートのフォルダ名を工夫すると、わかりやすいでしょうか。


数年前、PowerPC機上で動くオンラインストレージは、
Dropboxだけでした。
旧機種(OS)のサポートも割と長いですし、
モバイルのアプリもよく出来ていて、使いやすいですね。

難を言えば、無料の上のプランが、
いきなり1TB(月額1300円)という事です。

Googleと使い分けてるのも結構面倒なので、
一つに集約するとすれば、
いきなり、1TBは、オーバースペックですし、
画像・動画ストレージとしては、中途半端だし、

価格と機能から、Googleになると思います。
暫くは、皆そうしてGoogleに向かうのではないでしょうか?