昨年登場した最も衝撃的なカメラと言えば、私的にはRX100だと思いますが、
今年それを更に押し進めた超衝撃的なユニット!QX100の実物イメージが上がっています。
(SR5) Hot! First images of the new DSC-QX10 and DSC-QX100 lens-cameras! | sonyalpharumors

QX10_with_XperiaZ_1-1200_zps5b5d60f8

スマホ搭載のクレイジースペックでは、Nokia 1020も魅力的ではありますが、携帯を2つ持つ煩わしさを考えると、今後の汎用性も考えてこのレンズカメラの方に惹かれますね。またデジタルの最良のパートナーがカメラではなくてスマホである…一般用途においては…という未来像をこれほど端的に物語る製品もないと思います。

レンズユニットは2種類・・RX100と同じZEISSレンズ、同じセンサーのモデル、普及コンデジスペックのモデルがありますが、どちらが100なのか10なのかはわかりません。画像のものはレンズスペックから見ておそらく後者の方でしょうね。それでもGレンズというのはかなり意欲的です。私的にはRX100ユニットの方に関心がありますが、実際の購入ポイントとしては2つ

・RAW対応か?
・Appの仕様。


野暮な事を言ってるようですが、きっとそれなりの価格はするだろうと思うので、例えば5万円近いものがJPEGのみというのは、それがどれ程衝撃的でも納得できないと思います。かと言って現実的には
スマホの環境でRAW現像というのも難しく、使われ方を想定してもJpegオンリーかなと思われますが、ならば価格は3万前半が限界でしょうか。

もひとつアプリですが、以前の記事でも触れたように、このユニットはスマホのカメラとは全く接点がなく、スマホとの接点は通信のみと思われます。iPhoneのカメラアプリ(勿論純正以外の)がそのまま使えるのであれば最高の使い勝手となりますが、表示される画像はユニットからストリームとして送信され、それを独自アプリでカメラ操作するというものではないでしょうか?そうだとするとそのアプリの仕様次第で使い易くも使い難くもなるという事ですね。

この2点と価格のバランスが個人的には購入ポイントと考えています。仮にコレがあれば、コンデジは完璧に不要と言うよりは、コンデジ自体がスパイカメラのように在り方を変えていくのではないでしょうか。それっぽいユニットをやはりソニーで見ましたけどここではスルーします。

これでiPhoneをカメラと電話にして、iPad miniでネット関連というのが理想型でしょうか…