前回の記事にも書きましたように、自分が使ったほとんどのデジでこのビルの姿を収めています。という事でここに歴戦の勇士たちを並べて、横浜の眺めを支えてきたビルにリスペクトを送りたいと思います。

Ap3-P1010011-34
C-5050Z 2007年9月

私が写真として万国橋ビルを撮るようになったのは2007年頃からです。当時は未だフィルムが主体で、デジはオリンパスのC5050Zのみでした。ISO400だとノイズが酷い事もあって立体感とは無縁ですけど、今見るととてもノスタルジックな雰囲気がして悪くないですね。万国橋と運河の屋形船。その行き来を見守るように傍らに建っているのが万国橋ビルです。

ディテールを嗅ぎ回っていたのは撮り始めの頃だけで、その後はただのスナップというかここを通る度に感じる安心感といいますか、特に工夫はありません。

Ap3-IMG_0151-45
PowerShot Pro1 2007年10月


Ap3-IMG_0611-46
EOS 40D A16 2008年5月


Ap3-IMG_8206-47
EOS Kiss X2 A16 2009年1月
今改めてEOSという事で見てみると、中級の40DよりKissの方がスマートな画質ではないかなという気がしますね。同じレンズでも40Dの方が色にくすみを感じると言いますか。細かい設定で変わるとは思いますがあくまで全体的な印象です。

Ap3-DSC00238-59
DSC-R1 2011年2月

2年振りにここを通って、まだ健在のこのビルを見て安心したのを覚えています。


Lr3-DSC01837-01
NEX-3 SEL1855 2011年2月



Lr3-DSC01998-03NEX-3 SEL1855 2011年2月
反対側から万国橋を撮ったのはこの時だけでした(まぁ本来はこの方向が正面なんですが。)。このレンズもピントが合えば悪くはないんですが、厚みのようなものは今ひとつですか。


Ap3-P1010886-50
DMC-LX3 2011年2月

もう少しマシに写るカメラですが(笑)、色が被る傾向は常にあったように思います。


Lr3-DSC03145-01
A900 Sigma 24-70mmF2.8 2011年3月



Lr3-DSC05420-03
A900 Sigma 70mmF2.8 Macor 2011年5月
やっぱりこの70ミリマクロはスナップ・風景でも素晴らしい描写力ですね。


Ap3-DSC06309-53
A900 SAL70300G 2011年6月



Ap3-R0011113-54
GR3 2011年9月



Ap3-DSCN0814-55
Nikon P7100 2012年8月

光が強すぎる時にこんな絵みたいな階調になってしまうのでしょうか?ハイライトが最初から一掃されてる感じ・・この現象はこのカメラに限らず以前から稀に見る事があります。

Lr3-20121118-DSC01878-NEX3-01
NEX-3 SEL24F18Z 2012年11月

解体前の風景がこんなにも静かに見えるのはやっぱりいつもの屋形船群が居ないからなのでしょうか?それとも秋の静けさなのか?私は「いい天気だな」と思って撮っていただけです。
…さらば万国橋ビル。


その他の画像はGoogle+の公開アルバムにもあります。