Some more info about the Contax G to E-mount adapter (coming in February) | sonyalpharumors
GレンズをNEXに付けるアダプタと言えば、当然MFになる訳ですが、
これをAFで制御してしまおうという画期的な製品が登場するようです。
実際、リンク先の動画を見てみるとAFで動いていますし、
収まりも別段悪くはなさそうです。
・・絞りの制御も出来るんでしょうか?

発売予定は来年2月。
Biogon21mmとHologon16mmは、使用不可という制限付き。
Camera MXというメーカーによるもので、
既に、EF to NEX AFアダプタなるものも発売しており、
ebayでは$250程で売られていますから、中身を考えれば、
それ程高いものでもありませんね。

純正マウント以外のものをAFで動かしてしまうのですから、
たしかに凄い事だとは思いますが、
これって実際にはそれ程嬉しいものなんでしょうかね?(笑)

そもそもGレンズって、MFで使える事がユーザの長年の夢であった訳で、
それがやっとNEXで実現した。
それを、高額払って、わざわざ制限のありそうなAFにする意味があるのか?
たとえば、NEXのAF機能(フレキシブルスポットAF等)がそのまま使え、
レンズ自体も、AFとMFがシームレスに使えるなら、あってもいいレベルかもしれません。

そうではなくて、単にAFで動くというなら、「面白い製品」留りですよね。

反面、いい所をついてるなと思うのは、
EFにしても、GのMFにしても、AFレンズそして作られたものですから、
実際のMF操作はあまり気持ちの良いものではないと思います。
そこから開放されるという点では、普段使いに持ってこいかもしれません。
まぁ慣れれば、動きもの以外はMFの方が便利と思いますがね。

これでまたGレンズの相場が、高値更新になりそうですね。