【年末特別企画】読者が選ぶ「2012年デジタルカメラ人気投票」

もう、こんな投票の時期になっているんですね。
今年は、近年にないカメラの新製品ラッシュだったそうで、
中には、常識を変えてしまうような画期的な機種もありました。
しかし、これは是非欲しい!というようなモノは案外無かった気もします。

DC.Watchの投票では、レンズ交換型と一体型とでカメラを分けてるようです。
それぞれ5台ずつ挙げよという事ですが、正直5台もないですよね(笑)。
という事で、難しいながらも、客観的に1台ずつ挙げるとすれば、

レンズ交換型:Nikon D800
d800_02

今年の一眼シーンの特徴は、
一眼の中枢が名実共にフルサイズへシフトした事ではないでしょうか?
D800はそんな時代の基準カメラとして成功したと思います。
D800が出るまで、フルサイズの基準は、5D2だったと言えますが、
後継の5D3は、2からの進化を見ると、D700>D800程ではないし、
スクリーン固定という良くない割りきりもあります。

その意味で、今の基準に相応しいのは、どちらか?と言えば、
D800ではないでしょうか。

画期的という意味では、D600やEOS 6Dは、
カメラ市場の地図を塗り変える程の衝撃商品と言えますが、
出たのが遅いし、D800の築いた基盤があればこそ存在していると思います。
なので、買え!と言われれば、廉価タイプを選ぶと思いますが、
今年の顔という意味では、大元の800になると思いますね。

D800も今の価格を見れば十分安くはなっています。
この状況でAPSCを選ぶというのも、はっきりとした理由がなければ、
考え難くなるでしょうね。
実際、APSC一眼ではこれというのも出ておらず、
今後は7Dのような戦闘力を持ったものと、エントリに絞られるでしょう。

ソニーのTLMはここで暴れるべきスペックであって、
77を今の評価のまま熟成せず、中途半端にフルサイズ化してしまったのは、
時期尚早であり、ソニーはNCと闘えた唯一の武器を自ら放棄してしまった。
というのが実感です。
NCから見れば、α900のファインダーこそが、邪魔モノであって、
これすら無ければ、ソニーに見劣りし、ユーザに後ろめたい所は、
ひとつもないと言っていい訳です。

結局ソニーは正攻法で行くのが不得手という事ですが、
保守的な一眼市場では、得意のサプライズ勝負は通用しない・・
と、いい加減諦めて欲しい所ですね。

レンズ一体型:SONY DSC-RX100
-RX100

そのサプライズ商法の成功がコチラです。
また、2012年で一番意味のあるカメラだとも思います。
RX100は明らかにコンデジの常識を変えてしまい、
それまでの最新最高が、全て旧世代になってしまいました。

また、各社取り組みは様々ですが、
ハイエンドコンデジ市場を再び活気づけた功績は大きいですね。
もう画質だけで大きいフォーマットを持つ時代ではなくなりました。
充分な解像力を持ち、被写界深度も深いこのフォーマットは、
通常の撮影であれば、一眼レフより有利とさえ言えると思います。
では、一眼の意味は何なのか?
それは、この辺の記事を参考にして下さい。

このカメラは、オペレーションに於いてもαに近いものになったという点が、
EOSとEOS-Mの関係より、前代未聞という気がします。
実際に買う気にならないのは、やはり暗いレンズだとイマイチ・・
というより次機種への期待があるからですね。

ミラーレス:OLYMPUS E-M5
omdem5

もひとつ重要なジャンルのミラーレスでもひとつ挙げるとすれば、
OMDではないかと思います。

以前にも言ってますが、M43市場に対して、オリンパスが本腰を入れて来た。
というのがとても重要な動きで、
これによって、レンズなども増え、M43もかなり魅力的なスペックになってきました。
その象徴がOMDです。
カメラとしての出来、画質、使い出、総合的に見て、
NEXやフジのXより良く出来ていませんかね。

また、フルサイズ一眼のサブを考えたとき、
APSCよりは、これ位のダウンサイジングの方が使い手があるのでは?
とフォーマットの点からも思います。
NEXと違って、用途によってボディの選択肢が多く、
本格的撮影からコンデジ代わりまで多様に使えるのもアドバンテージだと思います。

NEXは、依然としてオールドレンズのベースボディとしての役割が一義であり、
純粋なシステムとしては、M43に比べイマイチと思う点が多いですね。

結局、私が今年購入したカメラ機材というのは、
Sonnar 24mmF1.8COOLPIX P7100のみでした。
どちらも新機種ではないんですが、特にゾナーの方は高価な事もあり、
他の物欲は、抑えざるを得ませんでしたね。

実際は、タムロンのA001や、α77とSAL1650のセット購入など、
結構真剣に考えたものもあったのですが、
今回は当初の目的(α900と併せるサブとして不足のないもの)を優先し、
単焦点を取りました。

P7100は、昨年のGR3に続き、
底値になった旧型ハイスペックコンデジになりますが、
これもまた、今の時代の“買い方”と言えるのではないでしょうかね。