月が変わり、都内では時折大量の雨が振ったりしていますが、
まだまだ真夏日が続きそうです。

Ap3- 1DSCN0849
COOLPIX P7100 50mm ISO100
眩しい空。


Ap3- 2DSCN0858
COOLPIX P7100 35mm ISO100
強烈なコントラスト。


Ap3- 4DSCN0986
COOLPIX P7100 35mm ISO100
神輿のパレード。


Ap3- 3DSCN0915
COOLPIX P7100 50mm ISO100
コンビニに避難する観光客。


Ap3- 5DSCN1013
COOLPIX P7100 35mm ISO100
日曜なのに人足もまばらな元町。


Ap3- 6DSCN1019
COOLPIX P7100 35mm ISO100
ほとんど人気のない外人墓地。

など、真夏の横浜には色々ありましたが、
P7100に関して言えば、一番合ってるのは・・
Ap3- 1DSCN1085
COOLPIX P7100 35mm ISO100

ここだ。

夥しい数の人、建物、装飾、灯り。
P7100の力任せな描写は、正に中華街にぴったりですね。
前回、GRで久々に寄った時は本当にふらっと通り過ぎただけですが、
今回は少し歩いてみました。


Ap3- 3DSCN1099
COOLPIX P7100 35mm ISO100

関帝廟通りなどのメインストリートから派生する2nd路地、
更にそこから派生する3rd路地とありますが、
一番活気があるのは、2ndあたりではないでしょうか。


Ap3- 4DSCN1105
COOLPIX P7100 35mm ISO100

春節でもないのに、ここには提灯が下がっているんですね。
いつもあるんでしたか?

未だに日が長いとは言え、18時を回ってからは一気に暗くなって行きます。
この時は未だ提灯は消えたままですが、


Ap3- 5DSCN1116
COOLPIX P7100 35mm ISO100

18時25分、点灯。


Ap3- 6DSCN1119
COOLPIX P7100 35mm ISO100

いい雰囲気になってきました。
ここからは人工灯を露出の基準として、アンダーに構えていきます(笑)

この辺まで撮りに来たのは、二眼レフを使ってた頃以来です。

これだけ被写体の方に、彩度、コントラストがあると、
P7100のプアなjpegでもそれなりに冴えた感じになりますね。
PictureControlは、二度と使わない筈の「Vivid」で彩度をマイナス補正しています。


Ap3- 7DSCN1123
COOLPIX P7100 50mm ISO125

こういう雑多な状況では、細かい描写がどうこうよりは、
解像力にもの言わせてもぎ取るような描写が望ましいですね。
雰囲気的にも、とても満足な写りです(笑)


Ap3- 8DSCN1132
COOLPIX P7100 35mm ISO280

これだけ色んなものに加えて、人の動きが重なると、
モチーフが無限に存在しそうですが、段々とそのポイントは絞られて来るのでしょうね。
私はまだ、ウハウハとして撮り歩いてるだけです。


Ap3- 10DSCN1135
COOLPIX P7100 35mm ISO200

関帝廟です。
さすが解像マシン。。さて、そろそろISO感度も上がって来ています。


Ap3- 9DSCN1133COOLPIX P7100 35mm ISO140

この香港ロードに来ると、もうワンランクアンダーになり、
中華路地的雰囲気も一入です。
決してアンダーグラウンドな場所ではなく、一般客の行列で溢れています。


Ap3- 11DSCN1138COOLPIX P7100 35mm ISO100

が、ネオンが広告のように重なる雰囲気は独特ですね。

アンダーに構える事で未だISO100をキープしたりもしますが、
その分シャッターは1/30辺りで厳しい状況です。
やはりホールドがいい加減になるコンデジほど、手ブレ補正はありがたいですね。


Ap3- 13DSCN1140
COOLPIX P7100 35mm ISO100

実際はここまで暗くないのですが、
ネオン基準にして、人混みを落とすと程よい怪しさとなるように思います。


Ap3- 14DSCN1141
COOLPIX P7100 35mm ISO280

路をレンガ状にしたり、建物を新しくかわいくしたりなど、
ヘタに手を入れて小綺麗にする事なく、そのままで居る所が一番ですね。
こうした雰囲気を残す場所は多々あるでしょうが、
現役で賑わいを見せられる場所は、意外に少ないように思います。


Ap3- 15DSCN1147COOLPIX P7100 50mm ISO180

「東新飯店」と「東光飯店」、実に似ています。


Ap3- 16DSCN1150
COOLPIX P7100 35mm ISO320

結構歴史のありそうな個人店ですが、
実際、人気店のようで、行列が出来ていました。


Ap3- 18DSCN1159
COOLPIX P7100 50mm ISO250

再び、この路に入って来たときは、そこそこ暗くなっています。
50mm時の開放F値は3.5です。
今回は絞り優先AEで通しましたが、Pモードかシャッター優先のほうがいいですね。
特に人の動きを意識するなら、敢えて低速を選ぶという必要もあります。


Ap3- 19DSCN1165
COOLPIX P7100 50mm ISO100

やはり、ネオンの光で撮っていく感じが心地良いです。


Ap3- 20DSCN1169
COOLPIX P7100 35mm ISO100

何気に、P7100のオートWBはなかなか優れものではないでしょうか。


Ap3- 21DSCN1171
COOLPIX P7100 35mm ISO100

「市場通り」と書いてあるんでしょうか、
この赤い電柱はいいアクセントになりますね。


Ap3- 22DSCN1174
COOLPIX P7100 35mm ISO100

夏休みという感じですね。
このご時世、一般路で、世代を問わずこれだけ人が溢れるのも、
中華街くらいでしょうか?
少なくとも横浜ではそうでしょうね。


Ap3- 23DSCN1176
COOLPIX P7100 35mm ISO100

夜になったらなったで、熱気の冷めやらぬ横浜の夏。
実はこの8月で一番ハードな行程でした(笑)
上の山下公園のコンビニ前まで来たとき、引き返そうかと考えもしました。
あれからずっと猛暑が続き、9月になってやっと雨が降りました。

新機種のP7700、裏面COMSと明るいレンズで、
ISO800位でもこの程度の画質が維持出来たら魅力ありますね。
来年の夏にどこまで下がっているか・・期待しています。