な、なんですと?

nakano0805-204

それに・・、

nakano0805-220

ここは先日のゾナー24デビュー戦の中野じゃないですか。
勿論、ゾナーではありません。そこまで引っ張りません。

nakano0805-205
ただこのレンズもかなり優秀で、


nakano0805-218
この鑑賞サイズではゾナーと遜色ない位ですな。


nakano0805-254
猫もよく写るし・・
まぁボケで違いは判ると思いますが、大体同じ画角で使ってます。


nakano0805-210
て事はズームか?


nakano0805-245
でも、凄くないかい?この描写・・



nakano0805-DSCN0248-2
これなんか、個人的にはこの日の最高作かな・・
さすがに猫小さ過ぎだけど、明暗の階調もまずまずだし、
真面目に作ったレンズでなければ、なかなかこうは写らんもんだと思うよ。


nakano0805-123
ひょっとしてアレか?


nakano0805-125
この解像力…正直評判以上のものを感じます。


nakano0805-127
まぁディテール、特に色に関しては文句も出ますが。。


nakano0805-130
でも、ズームでここまでキレるって言ったらもう、アレしかない訳ですよ。

そう、今旬のズームと言えばアレですよ!
随分買いやすくなってますね。


nakano0805-136
RX100じゃないですよ。
ゾナーじゃないって言ってるんだから・・
まだまだ買おうと思う額ではありません。ゾナー24の直後にそんな浪費は無理です。
RX100は、RXシリーズ自体の展開がどうなのかを見て考えたいと思ってますね。
同じ値段で、リコーA16買えますし。


nakano0805-149
じゃあアレって何よ?
猫も写るツァイスじゃないズームって…

て言うか、この解像凄いよね?


nakano0805-153
ただシャープなんじゃなくて厚みもそこそこ出てるし。


nakano0805-155
さぁ何だと思いますか?

全てJPEG、撮って出しではなく、若干自分好みに調整はしてます。
とりあえず画角は、35と50で使い分けており、
迫力があると感じる方は、50ですね。


nakano0805-158
基本的に赤、マゼンダ系が不足しており、
派手さや鮮やかさはないが、シャープネスは凄く、階調もしっかりして厚みは出る。
かなりキーワード入れてますよ。


nakano0805-169

何、そのズームって?


そろそろ・・


答え行きますか・・


知ってる人は、メーカーくらい判るかな?


でも、このブログ知ってる人は、ひっくり返るでしょうな・・


nakano0805-190

もう、チョロスナはいいから・・


はい・・


では、行ってみましょう。



nakano0805-DSCN0138

ほら、明暗のイメージも悪くない・・


はい・・


すいません・・


なんか、もう判ってたりしてません?


p7100-R0013349

こちらが、開封パッケージになります。

さて、その白い包みに纏われた解像系ズームとは?


p7100-R0013354


これだっ・・



p7100-R0013356

いやぁ、カメラって感じがしますよねぇ。・・クールピクス P7100
やっぱりカメラはニコンです。(笑)

ゾナー24を発注した後、数ヶ月は来ないと思っていたので、
それまで旬のコンデジでも使ってみようかなどと考えていました。

旬のコンデジとは、RX100やG1Xの事ではありません。
値落ちして買い得感高まる機種…と言っても旧モデルではなく、
基本現行機種ばかりで、発表から二年以内のものがほとんどです。
実装してる機能等々は決して時代遅れのものではありません。

そんな旬コンデジを大別すると、

・3万以下のハイエンド
・2万以下の望遠コンデジ

あたりになると思いますが、
今では1万以下でも500ミリ級が買える、コンデジ天国なのです。
携帯カメラの台頭がこの状況を巻き起こしているのでしょうね。

そのハイエンドの方の旬が、XZ-1P7100でしょう。
どちらも3万は切ってます。
どちらも次機種発表前状態であり、P7100については、生産完了らしいです。
描写はどちらも同じ程度で、ハイエンドのトップクラス。
実際、価格コムに上がっている作例見ると、この両者については、
たしかに凄いと感じました。

ならば、明るいレンズで望遠でもF2.5と、
P7100の最大F値より明るい、XZ-1の方がアドバンテージなのは確かです。
ですから当然、XZ-1を買うつもりでした。

が・・XZ-1のレンズはたしかに凄いのですが、
トータルな作りこみ、機能の豊富さ、使いやすさ等を見ると、
描写のみでなく、カメラとしても詰めているP7100の方が
買い得感がかなり高いと思ったんですね。
これはGRにも言える思想で、GRの魅力は描写だけでなく、
カスタマイズ性の充実による徹底した使い易さです。

で、デジオンに発注して届いたのが、なんとゾナー24と同じ日。。
実はこの日の中野、新機材2つを併用してのデビュー戦だったという訳です。
常に2つで撮り分けるなんてのはしんどいので、
往路がゾナー、復路がニコン、
復路で猫が出てきて、ゾナー再登場・・というのが、この日の流れです。

P7100には、ハイエンドの集大成ともいうべき便利機能が充実しています。

・設定登録機能×3・・勿論ズーム位置も記憶。
・ステップズーム・・Fn1を押しながらズーミングでそう出来る。
・ワンショットraw・・Fn1を押しながらレリーズでそう出来る。
・やりやすい追尾・・TLM機と同じで、OKボタンを押すとロックオン、再押しで解除。
・やりやすいフレキシブルスポット・・OKボタンを押すとスポット選択。
・露出補正ダイアル・・まるでヤシコンのカメラのようだ。
・チルト液晶・・上下にチルト可能です。

と至れり尽くせりではないか・・

更に、
ペット認識モード・・犬猫の顔を認識すると、自動でレリーズ。
なんて機能まで付いています。
試してみた所、じっとしている相手にはたしかにそのように動作しますね。

XZ-1は、トータルで見るとやはりスマートさ優先で、
オートで綺麗に撮られる事を前提にした、カンタンキレイ路線のカメラだと思います。
基本的に、スナップユーザの使い勝手などは考慮されていません。
そこに、コンデジとカメラの違いを感じたと言いますか。

また、F値こそ暗いが、200ミリという飛び道具まであり、
それが惰性でなく、特にニコンは望遠側でもしっかり写るという評価が多いので、
これは、ニコンが真面目に作っている製品と読みました。

かつての8400等のように、ニコンが威信をかけて真面目に作ったものは、
今でも凄い写りをしてると思えますね。。
まぁ7100がそのクラスに匹敵してるかどうかは微妙ですが、

とりあえず200ミリの写りは、こんな感じになります。

nakano0805DSCN0231


nakano0805DSCN0237
使えますよね?充分。
望遠側が使えるという事は、去年の夏用システムとして考えた、
GR+猫対策のズミルクス80を、
これ1台でこなせるという事でもありますね。


nakano0805DSCN0119
50ミリでのカットを、縦横変換トリミング。
横位置で撮ったものの中央部だけ縦に切り出しています。
私的にトリミング耐性のひとつの基準て言うか、最低基準と考えているものです。

このカメラ、一眼+キットレンズは凌駕していると思います。
高感度は実用400までとボロボロですが、
(ISOオート上限400までに設定する機能もありと気が利いています)
トップクラスのハイエンドは、GR、LX、XZと皆その傾向にあります。
強いと言われるキヤノンS系は、
トップ画質とはとても言えない、典型コンデジ画質ですから。

フジのFシリーズは、実質ハイエンドから撤退し、望遠コンデジになってますし。


ニコンが軽いノリで出してるものは、カメラとしての実力はともかく、
コンシューマに合わせようとするあまり、ハズシてるモデルが多いですね。
ご存知ニコイチがその顕著な例で、
普通にニコンのミラーレスとして作っていればもっと売れてると思うのに、
そういうビジネスモデルではないのだなと思うしかありません。
今は叩き売りされているため、台数も延びてるかもしれませんが、
実質、NEXやEOS Mの前には打つ手なし状態なのではないでしょうか?

ウリの「モーションスナップショット」も面白いとは思いますが、
基本的にお任せ機能であって、
新進の大型センサーでウリにするようなものでしょうか?
それこそコンデジで威力を発揮する機能ではないでしょうか?

たしか去年の今頃、3万切りまで下がったGR3を安いと感じて衝動買いしています。
P7100は、解像に於いてはGR3以上ですね。
これは等倍で比べればはっきり判りますし、
これはレンズもさる事ながら、ローパスの効きを相当抑えているためでしょうね。
XZ-1のようなローパス無しかどうかは判りませんが、
この2機種の異常な解像力(1/1.7型として)は、
ローパスの問題抜きにはあり得ないと思います。

nakano0805DSCN0122

が、写真てのは解像だけじゃないから、一概にP7100>GR3とは言えませんが、
コンデジも凄い状態になっており、
センサーサイズでの絶対的不利という考え方では斬れないものだと認識改めています。