Fuji press release and roadmap picture! | Mirrorless Rumors

数日前になりますが、
X-Pro1のレンズロードマップが早くも公開されていました。

これがまともなロードマップと言えるやつですよね。
フジの狙いがわかるし、ターゲットユーザーが望みそうなレンズを揃えている。
システムとして捉えやすくなっています。
こう見ると、初回で出してるレンズ群も、
「ヘキサーRF」「コンタックスG1」の最初に似ていますね。

fujifilm-x-mount-roadmap-l


デビュー3年目に入っても、体系が出来ておらず、
新機種だけは盛んなNEXの場合、
そのコンセプトが不明というより、最初から小道具としての存在を
狙ってるように思います。
一応出ている純正レンズ群も、オールドレンズを含む「ユーザー選択肢のひとつ」
として存在してるようです。
個々のレンズは、NEXシステム全体の構成要素ではなく、
個々に存在しているというべきでしょうか。

たしかにロードマップは出ていますよ。
しかしそこに、従来のカメラのようなシステムコンセプトは見えません。

そもそもNEXは商法が既成システムとは異なっています。
システム的なものはほとんど見せる事なく、面白さだけで売りまくり、
後はユーザーの要望に合わせて・・という特異なシステムです。
コンデジの要素がそこにはやはりあるのでしょう。

ニコン1ペンタックスQなども、
これに追従してる感じで、
メーカーにとっては、魅力ある新たなビジネスモデルなんでしょうか。

NEXの性能、機能があれば、
一眼レフと並ぶシステムカメラになりえると思いますが、
それは逆に失敗しそうな感じさえしますね。

ただ、NEX-7を求めるようなハイエンドユーザーは、
X-Pro1の価格も下がっていますし、
どんどんフジに流れていく可能性も大きいと思います。

ソニーは、小銭を稼ぐのは本当に上手ですが、
大金を使ってくれるユーザを捉まえておけないようですね。