Mirrorless Rumors | Blog | New Apple patent discloses an iPhone with Intercheangeable lens.

Appleが、iPhoneをレンズ交換可能な構造にするための
特許を申請中だそうです。

仕組みとしては、
普通のカメラのように、レンズ本体の付け替えではなく、
バックパネル毎交換する事で、そのパネルに付いてる別レンズが使える。
または、パネルの上と下を回転させる事で、反対側のレンズが使える。
というものらしいですね。
後者の機構だったら、一般ユーザにも使い易いかもしれません。

これでiPhoneがカメラとしても一歩面白くなる?
というよりも、Appleが、
「スマホに於いてもレンズ交換が必要」と考えていた事が面白いです。

パネル内に収まるレンズですから、画角も性能も限界があると思うのですが、
(パネル自体を暑くすれば焦点距離も延ばせるかもしれませんが)

「携帯のデジカメ部分というのは、それ自体を保護するために、
完全にケース内に収まっているので、レンズ交換など出来ない・・」

というような出だしに始まり、Appleの主張が以下のように書かれています。
It would be desirable to provide a structure for a compact device that allows the end user to reconfigure the optical arrangement of the device while retaining the benefits of assembling the device using a pre-assembled digital imaging subsystem.

何だか難しいのですが、
「pre-assembled」というのは、ユニット部品みたいなイメージでしょうか?
そういうものを交換するように、光学系をアレンジ出来るような構造が必要になるだろう。
と言ってるようなのですが、

何でそうまでして、スマホにレンズ交換が必要なのか?

そこが一番聞きたい所ですね。
まぁAppleの素晴らしい所は、
何でもソフトウェアに走りがちなデジタル機器において、
技術だけでなく、人に触れる部分のハードウェアに、
磨きをかけ続けている点だと思います。
こういう所は、カメラ業界に見習って欲しいものです。