私の勝手な妄想で、全く根拠や信憑性などない話しです。
RX100のようなカメラが出ると、レンズのステータス性が高いだけに、

これの単焦点が出たら最高ではないか?

という声は当然、カメラファンの間に出てくるでしょう。
が、ソニーがそこまでニッチなカメラを作るとは思えません。
コンデジは単焦点のほうが使い易いと、私は思いますけどね。
と言いますか、コンデジでワイド端以外を使った事がほとんどありません。

もし出れば、それこそDSC-R1を超えてしまうでしょうね。

yokohama-R0011899
(GR3  2012年1月 横浜)

この大型センサーという潮流は、キヤノン、ソニーが先行していますが、
松下の次のLX、オリンパスのXZ-1の後継モデルなど、
やはり大型センサーでは?という噂は以前からよく聞かれます。
ニコンは自社のニコン1と被ってしまうとはいえ、
ハイエンドコンデジの新潮流に逆らえるものでもないでしょう。
フジはどうでしょうか?
既にX10がその先行でしょうから、センサーの大きさはさておき、
新たなフォーマットは考えてないでしょうね。

そしてハイエンドとしてはもひとつ、欠かせない存在があります。
そうです、リコーのGRです。
GRはリコーのアイコンでもある訳ですから、
このまま小さいセンサーに甘んじている訳にもいきません。
IVが出たのが去年ですから、早くても来年でしょうが、
GR5は、1インチかそれ以上のセンサー搭載になるのではないでしょうか?
ここで初めて、大型センサーコンデジの単焦点が実現する訳です。

yokohama-R0013113
(GR3  2012年5月 横浜)

しかしそんな状況を遠い眼で見ている存在があります。
たぶん年内には、シグマのDP1メリルDP2メリルが出るでしょう。
SD1と同じセンサーのコンデジですから、中身は化け物でしょうね。

でもシグマの場合は、今回の潮流とは位置がちょっと違う気がします。
どちらかと言うと、ミラーレスに近いポジションですね。
それもかなりの文化系だと思うので、
コンデジの進化系としての、大型センサー軍団とは、
立ち位置がちょっと違うと思うんですよね。
つまりGRと比べるべきものではないと思います。