SR5ですので、これは超重要ニュースと思っていいですね。

ソニーから、大型センサーのコンデジが出るぞぉー、というネタです。
記事中でも、DSC-R1という機種名を出して、比較してるように、
ついR2を期待してしまう訳ですが、

レンズはR1と比べ、かなりコンパクトになるという事です。
R1の5倍に対して、4倍という事ですが、
24ミリ始まりとして、3倍で充分なんですがね。。
その分、お願いだから、画質優先になりませんか?

Sony DSC-R1

とりあえず、レンズが小さい
=画質が落ちると思っていいでしょう。(R1よりはです。)

特にツァイスとも、今の段階では言及されていませんし、
まして、R2と言えるような、一眼並みのカメラではなく、

あくまでハイエンドコンデジでしょうね。

キヤノン G1Xクラスの、価格的にも戦闘力のある機種だと思います。
ソニーだけに、ひょっとしたら、RAWが無いかもしれません。。

一番先にチェックするのは、そこかな(笑)
まぁ今のソニーがR2など企画しても、ガッカリするものしか出て来ないと思うので、
無難なハイエンドコンデジで、充分です。

Anyway!
ソニーから、SR5でこんな話が出てきたからには、
G1Xも、A16も、今手を出す訳にはいきませんねぇ。

今年は、大型センサー搭載のハイエンドコンデジが続出するんでしょうか?
ミラーレスやフルサイズの新機種より、その方がずっと嬉しいですね。

デジカメの原点ていうんですか?
特にソニーは、原点のサイバーショットが今、おとなし過ぎです。

肝心のレンズは、DSC-HX100Vにゾナーが載っている位ですので、
やっぱり、Zeissで来るんじゃないでしょうかね。