ミラーレス・ルーモアに、リコーGXRの新モジュールの噂が載っています。

ペンタックスが第2のミラーレスを出す?なんて話が出ていましたが、
リコーはリコーで、GXRを見捨ててはいないのですね。

このズーム、しっかり作られたものであれば、ミラーレス最強になりますか?
NEXが現状でまともなズームを持ってない以上、必然的にそうなりますよね。
ひょっとして、R1を凌駕する初のズームユニット誕生かもしれません。

何と言っても、24mmからあるし、上は120mmもなくて良い。

普段は、P10(28-300mm)で、コンデジとして使用し、
一眼のサブや、スナップでは、24-85mmのズームユニット・・
これ、価格によっては、私的にもドンピシャとハマりそうです。

今ある、A12ユニットの単焦点GRレンズも充分実力派だと思いますが、
そういう主力レンズは、一眼レフ等で揃えてるケースの方が多いでしょう。
ただ、その脇役が中々居ないというのが、今のカメラ事情ですので、
GXRも脇役を買って出る事によって、存在価値が高まるのではないでしょうか。
逆に純GXRユーザには、?な展開かもしれません。

GXRに付けるのであれば、チョロズームな訳ないでしょうし、
16MPという事は、NEX-5N、D7000等と同じ、例のソニー製センサーですね。
これでちょっとGXRに華が添えられればいいですね。

来春発表という事ですが、期待です。

DSC01870
( NEX-3 SEL1855 18mm f7.1 ISO200 )