最近、意味のある話題が徐々に復活してきたalpha rumorsですが、
昨日の50mm Zeiss以上に衝撃的なネタになりますね。しかも、SR5!

つまりは、NEXとAマウントの両方が使えるフルサイズという事ですから、
それは、EOS以外でオールドレンズがフルサイズ対応出来る・・を意味します。

が、このハイブリッドマウントがどのようなものか?
については、未だ一切不明です。

ありそうな落ちとしては、ボディはとりあえずNEX以下のフランジバックを
持っていて、どちらもマウントアダプタを組み込む事で、使用するとか?
Aマウントアダプターは、TLM内蔵。
Eマウントアダプターは、最悪APSCに自動クロップされるとか?

これだとオールドレンズファンの恩恵にはならないですが、
別にEマウントを介さず、ボディへ直接組み込むアダプタを作ってしまえばいいですよね。

あるいは、ボディにTLMが入っていて、Eマウント使う時だけ、
ミラーアップされる仕組みとか?

DSC05293
( α900 SAL135F18Z f2 ISO250 by Lightroom 3.5 )

更にあり得そうなのは、像面AF(ニコン1のような)ボディになっていて、
Aマウントが実質ミラーレスで撮影可能になるとか?
これなら、D800へ避難したα900難民を呼び戻せるかもしれません(笑)
ただ、AFとしてはまた黎明期のレベルに戻ってる可能性もありますね。。

NEXはレンズよりも、そのコンパクトなボディに存在価値がある訳なので、
フルサイズでNEXのレンズも使えるという意味はあまり理解できません。
ただ、NEXで使っていた、ヤシコンその他のMFレンズが、
フルサイズボディで使えるというのは、かなり大きな意味を持ちます。

すると肝になるのは、

Eマウントもフルサイズ使用可能か?
AマウントはTLM組み込みか?像面AF(ミラーなし)か?


この2点でしょうか・・とてもミステリアスになってきた第三のフルサイズです。