alpha rumorsに、ソニーの50mmF1.4 Zeissに関する噂が出ています。

ここだけは期待通りの展開で、しかもSR5(信憑性あり、ほぼ確実)。
レンズ構成を見ると、以前に出ていた中望遠にワイコンを付けた構造のやつですね。
真中辺は、標準のダブルガウスみたいになってますが、
前玉はいかにも中望遠ですし、後玉の平らなのが、ワイコンて事でしょうか。。

ただ、これが次の50mm Zeissに採用されるものかどうかは?
何の確証もないですが。。

まぁツァイスレンズの特許をソニーが出してるというのも、露骨な話ですが・・
これに「プラナー」と命名すると、また異議を唱えるマニアが出てくるでしょうね。
ただ、ツァイスもライカも、クラシックレンズを再生してるブランドではありません。
描写なんてどんどん変っています。

価格も高めになるとの事ですが、
これなら、シグマの50mmF1.4を凌駕する性能・・つまりは50mmF1.4の帝王・・
が、期待出来そうです。

まぁ発表が来春で、手に入るのは来年の夏頃でしょうか?

価格高めで$700辺りでは?との事ですが、その通りだとしたら、
5万円台で買える事になりますね。
85mmF1.4はその倍以上しますし、Sonnar 24mmF1.8も8万円台ですから、
50mmF1.4の帝王と考えれば、決して高くはないです。

111125写真 - 1
( α900 SAL85F14Z f2.5 ISO200 by Aperture 3.2.1 )