111118写真 - 2
( GR3 f3.5 ISO64 )
先月になりますが、これもまた久々に西新宿8丁目の再開発区域を訪れてみました。

こう見るとただの高級マンション住宅地ですが、
私がデジタルを始めだした4年前は、再開発に向けてのカウントダウン期であり、
かなりの店や住宅が廃業、空き家状態、でも未だ人も住んでいるといった、
セミゴーストタウンみたいな状況で、昭和のど真ん中にいるような建物が多く残っており、
通りにもその面影を濃く残していました。
が、開発が本格化しだした2008年の春以降、撮るものが無くなり、興味も失せました。


111118写真 - 7
( 2011年10月 GR3 )
例えば、ここはこの区域のランドマークである成子神社の駐車場裏ですが、


ws5_8_0317_0019
(2008年3月 DSC-L1 5.1mm )
解体が始まった当時は、こんな風景でした。


DSC07650
(2008年3月 DSC-L1 5.1mm )
この三上荘ごしに見える、銭湯「吉野湯」の煙突が良かったですね。
111118写真 - 8
( 2011年10月 GR3 )
その向かい側になるこの辺りは、


IMG_1054
(2007年11月 PowerShot Pro1 7.19mm )
この猫が居た家がありました。


R0011336
( 2011年10月 GR3 )
そして、この単なる車の通り道でしかない道は、


ws8_0311_0043
( 2008年3月 PowerShot Pro1 7.19mm )
こういう路地でした。


P1010251
( 2007年9月 C5050Z 8.7mm )
反対から見ると、こんな歩道になっていたのです。


111118写真 - 1
(2011年10月 GR3 )
ws8_0311_0070
(2008年3月 PowerShot Pro1 7.19mm )
あまりに変わり過ぎ、こういう意味不明な路地のほとんどはマンションの敷地に堕ち、
どこがどうだったかわからない位です。
当時は一生懸命、区域内の細かい道を覚えたんですがね。


R0011332
(2011年10月 GR3 )
ここは、

IMG_2360
(2008年7月 EOS Kiss X2 EF24mmF2.8 )
この辺だった筈です。


ws8_0311_0042
(2008年3月 PowerShot Pro1 7.19mm )
この辺は一見・・

111118写真 - 3
(2011年10月 GR3 )
変っていない。
が、ちょっと待て・・奥に異変が!


111118写真 - 4
(2011年10月 GR3 )
この何の変哲もないワンルーム?的な物件も、


IMG_1063
(2007年11月 PowerShot Pro1 7.19mm )
元はこうでした。

IMG_1064
(2007年11月 PowerShot Pro1 7.19mm )
この物件は大好きでしたね。
廃屋のように見えて、これで人が住んでました。
ここは、再開発の区域外ギリギリだったので、残るものと思っていたのですが、
さすがに立て直しましたか。。
ただ、私が一番惜しく思うのは、建物よりも、路が広くなってしまう事です。


111118写真 - 5
(2011年10月 GR3 )
更にここには、

P1010935
(2008年7月 DMC-LX2 6.3mm)
こんなアパートがありました。
思えば、この時は解体前だったんですね・・。

11月21日補足:
これは間違いです。宅急便事務所と、ときわ荘のある場所は区画ひとつ違います。
更にときわ荘は11月現在、存在しています。自分で確認し、別記事に掲載しました。
何より宅急便事務所もずっと前から在ります。



_P1010275
(2007年9月 C5050Z 7.1mm)
「ときわ荘」という、木造好きには有名なアパートでした。


_IMG_1079
(2007年11 月 PowerShot Pro1 7.19mm)
社会人になった頃、同期の女性が
「わたしん家ここ」と道案内してくれた時、
「えっ?女でもこんなとこに住んでんのかよ!」
と当時にして思った位の古いアパート・・の記憶に、とっても近いんですよね。
青梅街道を渡った先でしたから、場所的にもこの辺りで、
当時は、こんな建物と細い道ばかりでした。
新宿にもこんな所があるんだ・・と思った最初の記憶です。
80年代ですが、風呂は銭湯、電話、便所は共同、がまだ普通の時代です。
エアコンなんてあり得ません(笑)

111118写真 - 6
(2011年10月 GR3 )
それが、こんなタダの通りにねぇ・・

11月21日補足:
間違いです。ときわ荘のある場所は、ここではありません。

_IMG_1101
(2007年11月 PowerShot Pro1 12mm)
この夕焼けを写す壁や、

P1010168
(2007年9月 C5050Z 7.1mm)
こういう細い路地、

_P1010182
(2007年9月 C5050Z 7.1mm)
この角の感じ、
人が中心の町・・それはクルマが入って行けない迷路のような町だ。

都庁から大して離れていないこの辺りには、今世紀初頭位まではまだ、
「神田川」の世界が残っていたんですね。。実際、神田川が近いんですが。


ws8_0311_0039
(2008年3月 PowerShot Pro1 10.125mm )
因みに冒頭の写真は、この辺りでしたか。

日付にあるように、2007年9月が、この辺を撮り始めた頃です。
この頃のデジ装備は、オリンパスのC5050Zのみでした。
別に好きで買った訳ではなく、eBayでバルナックライカのジャンクセットを
購入したとき、オマケで付いてきたカメラでしたが、動いたので使ってたんですね。
それでも500万画素って凄えな!なんて思っていました。
それまでが、ファインピクス1500(150万画素)で、
そんなものを新品5万で安いと思って買ってましたよ。

_P1010278
(2007年9月 C5050Z 7.1mm)
C5050Zは、デジタルの良さを知り、
フィルムから移行のきっかけになったカメラではありますね。
デジイチの中級機が、10万円台(ボディのみ)になって来た頃で、
そろそろ腰を上げようかななんて考えてた頃です。