山下公園の出口に、アイスの屋台が出ていました。

R0011156
( GR3 f2.8 ISO64 )
私が学生の頃(横浜在住)は、山下公園前のこの歩道に、いくつもの出店が
ずっと並んでいて、如何にも観光地っぽく、いつもガヤガヤとしていたのですが、
山下公園の全面改装の頃に、綺麗に無くなってしまいました。
何か、あの頃を彷彿とさせる風情を感じますが、なんだか淋しい。。
R0011163
( GR3 f3.5 ISO64 )
さて、いつものコース、元町です。
入り口にこんなものがあった事・・実は最近知りました(笑)。
ここでは、一眼レフとの対決?も見て貰いましょう。。


R0011166
( GR3 f3.2 ISO64)
この美脚看板もずっと変らないですね。
横位置を真ん中だけ縦にトリミングしています
・・トリミング耐性のひとつの基準と考えています。


R0011187
( GR3 f1.9 ISO64 )

R0011174
( GR3 f1.9 ISO64 )
基本的にカップルが多い・・これも、あまりに無駄な領域が多かったので、
周辺をトリミングし、35mmくらいになってると思います。


R0011181
( GR3 f2.5 ISO64 )
アメカジと純日本の店がうまく溶け込んだ感じで好きですね。
どちらかだけでは、イマイチなんだな。


R0011220
( GR3 f1.9 ISO64 )
この辺は、元町でも一番好きなテクスチャーなんですが、
GRは、うまくこの階調を出してくれてますね。
今回、ここの描写を見て、GR・・大事な所では役に立つなと更に気に入りました。

去年の1月に1眼レフで撮ったものと比べてみても、GRが劣る気はしないです。

IMG_4948
( EOS KISS X2 EF-S 55-250mm 55mm f4 ISO200 )

IMG_4951
( EOS KISS X2 EF-S 55-250mm 55mm f4 ISO200 )
この辺が、コンデジマニアに、「一眼にも匹敵・・」などと言わせる所でしょうか?

R0011216
( GR3 f1.9 ISO64 )

IMG_4956
( EOS KISS X2 EF-S 55-250mm 55mm f4 ISO200 )
たしかに、トーンの面白さという意味では、
一眼のキットレンズクラスには、負けてないと思います。
しかも、GRの方は開放ですからね・・
構図が安定してるのは、中望遠になるキヤノンの方ですが(苦笑)


R0011222
( GR3 f1.9 ISO64 )
更に少し奥へ入ると、住宅街になり、閑静な?佇まいが残ります。

R0011225
( GR3 f1.9 ISO64 )
この住宅街にあって、実にアンバランスな組み合わせ。

IMG_4932
( EOS KISS X2 EF-S 55-250mm 55mm f4 ISO200 )
赤の出方が違いますね。まぁ時間帯も違いますけどね。
それにしても、この「SECTION.EX」って何だ?
パチンコ店にしては小さいし、パンクとかメタル系のショップか?
EXTENSION SPECIALY SHOPって書いてあるけど、説明になってないだろ!

R0011226
( GR3 f1.9 ISO64 )
実は、美容院なんですね。
この先にも、VISONという、カラフルな美容院が存在します。

R0011221
( GR3 f2.5 ISO64 )

IMG_4947
( EOS KISS X2 EF-S 55-250mm 55mm f4 ISO200 )

なんだか脱力系な怪しさっていうんでしょうか?
ついつい足を運んでしまいます。

IMG_4964
( EOS KISS X2 EF-S 55-250mm 55mm f4 ISO200 )
ちょっと上へ上がると、更に閑静な佇まいが・・

R0011206
( GR3 f1.9 ISO64 )
1年半で、蔦の生え方が全然違いますね。
画角が違うのでなんですが、GRの方がやっぱり濃いかな?

R0011209
( GR3 f1.9 ISO64 )
ここまで来ると、廃屋の香りですが、元町や山手まで直ぐの所です。
なんだか、落ち着くんだね。。