大反響(?)を呼んでいる、Nikon 1システムですが、
こうして見てみると、荒削りなプロトモデルみたいで、
黒かシルバーなら、悪くないな?って気がしてきませんでしょうか。

023


私は、デザインよりも、「らくらくフォン」みたいな、UIを見て引いてる感じです。
そこは、せめて普通にして欲しかった。

さて、このカメラに一番期待していた事は、洗練されたデザインなどではなく、
システムとしてのディメンジョンです。
当初の拒否反応も落ち着いた所で、そこの所を想像してみたいと思います。

画像は全て、DC Watchのこちらのレポートに掲載されていたものです。

・・・要は、1インチという落とし所から想像する、丁度良い大きさ。
って事ですが、果たしてNikon 1は、1インチの意味があったのか?無かったのか?

画質面では期待出来ると言っていいと思います。
価格の板などでは、1インチセンサーを小さい・・と嘆く声も見かけますが、
そういう人は、Pro1やF828やCoolPix 8400やE5000の画像を、よく見る事ですね。
レンズの恩恵という捉え方も出来ますが、
センサーサイズ的に充分なものがあっての話ですから。

ボディは、少なくとも、オリンパスのE-PM1と比べると、
一回り大きくなってしまい、意味ないじゃんて感じですが、

022

これだけ見てると、一眼のサブなどとして、携行出来ない大きさではないですね。
で、キットズーム(10-30mm)を付けたのがこの位。


024

NEXにSEL1855装着状態よりは、コンパクトだと思います。
これの上の高倍率ズーム(10-110mm)になると、


030

かなりボテっと膨らんだ感じになるので、やはりキットズームがぎりぎりでしょうか。
パンケーキについては、V1に付けた写真しかないのですが、V1は対象外(笑)ですから。

あそこまで酷いデザインて、旧ソビエト系のカメラにも存在しないですよね?いや、アレはデザインとは言えないでしょう・・粘土細工のレベルです。それを斬新と捉えて変態ぶるのは勝手ですが)

しかし、キットズームは、dpreviewの作例を見る限り、なんだかパっとしないです。
パンケーキも、広角という事で、なんかヤな予感がしますね・・どこぞの16mmみたいに。

そこで気になるのが、参考出品されていた、7本のレンズ。
これが、ロードマップになるのかどうかは不明ですが、
その中でも、3本のレンズは、コンパクトでいいかな?と思いました。


080

「薄型標準ズームレンズ」というやつです。
キットズームより更に薄いので、こっちを付ければ、
J1の携行性もかなり上がりそうですし、無理して広角のパンケーキを常用しなくて
済みそうです。

松下が発表した、Xシリーズのパンケーキズーム、
「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH.」と同じような感じでしょうか?
実は、これの発表みた時、M4/3に行こうかな?と思った位待望のレンズという気がしました。
この沈胴ズームは、今後の標準ズームの主流になってくかもしれません。


079

続いて、「標準単焦点レンズ」
これも、パンケーキまでは行きませんが、収まりは良さそうです。
先にこっちを出せよ!と思うのですが、
初回のインパクトとして、パンケーキを重視したのでしょうかね?
40〜50mm相当のF2という所でしょうか・・


082

「大口径中望遠レンズ」
やはりこういうのも無ければね。大口径と思えばこの大きさも許容できそうです。
ただせっかくの小さいセンサーなので、F1.4でお願いしたい所です。

単焦点それぞれが、F2、F1.4でこの程度の大きさで済むなら、
NEXやM4/3に対して、コンパクトさのアドバンテージはあると思いますが、
どうでしょうか。。
もちろん、画質も高画質でないと意味がありません。
ただ、かつての2/3インチ旗艦機に迫る画質となると、
結局レンズは巨大化せざるを得ない・・かもしれません。

1インチセンサーの意味とはやはり、大きくなり過ぎず、画質も犠牲にならず、
という、バランスだと思うので、それを実現できるかどうか?
Nikon 1の使命は大きいものと思います。

1インチと2/3インチでは、それ程変らないと思うので、
これで、小さく出来なければ、結局コンデジまで落とさないと、
コンパクトなシステムは出来ない。。って事になるんですよね。


ミラーレスモデルのトータルなコンパクト性は、ユーザなら誰もが求めている事でしょう。
今後の覇権を握るのは、やはりレンズの開発能力じゃないでしょうか?
本格的な撮影機能や先進性を身につけるのもいいですが、

カメラ全体のコンパクトさを維持出来て、
描写も良く、
使って便利な機能のレンズ(F値とかズーム域など)

そういうレンズの存在が、M4/3であれ、APSCであれ、niko1であれ、
そのシステムを魅力あるものに見せられるかどうかの鍵を握っていると思います。

ボディのコンパクト化だけなら、家電メーカーが有利かもしれませんが、
光学も含めてとなると、未だ未だ勝負はこれからでしょう。
・・ニコンには是非奮闘して貰いたいと思います。

_IMG_0477
( PowerShot Pro1 )