GR3が来てから、1週間が立ちました。
GR3は、画質だけ見るならば、900のサブとしても不足は無いと思います。

ただ画質を比べたら?、たしかにNEX+キットレンズの方が上です。
立体感も自然だし、全体に余裕がある。
それは、先ずセンサーの差であり、SEL1855は、猫は悪くないんです(笑)。

DSC07006
(NEX-3 SEL1855 18mm f3.5 ISO200)

DSC07021
(NEX-3 SEL1855 18mm f3.5 ISO200)

ただ、GRの方が、濃く感じるんですね。
早く言えば、SEL1855は、地味です。猫の毛にも何かくすみを感じる。
R0010179
(GR3 f1.9 ISO64)

R0010200
(GR3 f1.9 ISO64)

特に似たようなもので比べると・・

DSC07044
(NEX-3 SEL1855 18mm f3.5 ISO200)
これはこれで、悪くはないんだね。レンズとしてまぁ水準クリア?


R0010377
(GR3 f3.2 ISO64)
NEXに比べれば、平べったいですけど、艶があるよな、何か。。

が、汎用性のあるカメラというのは、画質だけではありません。
使い勝手も重要ですね。
NEXであれば、先ずホールドが安定するし、速写性も勝ります。
GRは、レスポンスは特に早くないですし、一枚一枚ゆっくり撮っていく感じです。

一番の違いは、液晶のチルトですが、
チルトするというだけで、ローアングルは勿論ですが、
柔軟性が全然違ってきます。
ストレス無く撮れるのは、NEXの方であり、
やっぱりNEXは、一眼レフの使い易さを実装してると言っていいと思います。
NEXとSEL1855って、たしかにコンパクトではないけど、
しっかり撮るならば、この位の大きさがあった方が安定すると思うんだね・・

段々天気も回復して来てるので、
GRでも、光を意識して撮り始めていますが、
太陽光などが直接当たったり、明るい場所では、あっけなく飛ぶようです。

R0010393
(GR3 f3.2 ISO64)

R0010361
(GR3 f3.2 ISO64)

特に1枚目が残念だったなー。
背景が完全に落ちてるので、上はもっと余裕があると思ったのですが・・
2枚目はコントラストも強いし、まぁ仕方ないかもしれません。

R0010405
(GR3 f2.2 ISO64)

R0010325
(GR3 f2.2 ISO64)

どちらも、露出オーバー気味のをRAWで下げただけなので、この結果ですが、
一眼レフでは、もっと上が粘るので、ズボラに撮れる訳です。
人工灯では、GRももっと粘ってたので意外ですね。

コンデジ故の限界か?それともポジの特性を追求してこうなったのか?
GR3・・良くも悪くも、ポジを使ってるような感覚です。
とりあえず晴天下では、マイナス1が基準でしょうか。
と言うより、GRでも、綺麗に撮るためには、露出に細かい配慮は必要だし、
そもそもこういうカメラは、ピーカンは駄目ですね。

この、上にナーバスになる感覚は、EOS40Dに近いですねぇ。

つまりは、一昔前の一眼レフ並みには使えるってことだ!

まぁα900を使う時期になったら、また考えるとして、
トータルで考えれば、一眼のサブ・・コンデジとNEXでは違いがあります。
特に来年予定のEレンズでは、広角ズームとGブランドの標準ズームがあります。
私は、ここに一応期待しています。

Sonnar24/1.8については、予定レンズが出揃ってから考えるとして、
ただ単焦点なら、オールドレンズの方が手っ取り早いですね。