本日は、α77などソニーの新機種が発表の予定ですが、
GR3購入以来、やっと晴れました(笑)。

GRの機能のウリの一つが、1cmマクロです。
この超接写は、昔からリコーのお家芸にもなっていますが、
特にGR3では、近接時の歪みを補正するため、
レンズ前群を移動させているとの事なんですね。
たしかに、広角レンズで寄れば、パースの影響もあるし、
綺麗なマクロはあまり想像つかないです。

R0010080
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO64)
充分歪んでると思うが?
・・いや、これは、パースによるデフォルメですね。
R0010272
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO322)
まぁ広角はアングル次第ですので、
・・これは正常系に近いかな。

この位だとマクロと言っても、12cm位です。


R0010108
(GR DIGITAL 3 F3.5 ISO64)
大体1メートル位のプランターに、小さな花が咲いています。

R0010110
(GR DIGITAL 3 F3.2 ISO64)
親指くらいの蝶々です。
眼にピントが来ています・・まぁ真ん中だしね。

R0010117
(GR DIGITAL 3 F3.5 ISO64)
これも小さい花。

R0010120
(GR DIGITAL 3 F4 ISO64)
大振りの花だと中まで食い込めます。

R0010235
(GR DIGITAL 3 F2.8 ISO64)
解像力は中々ですね。

R0010270
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO64)
PoweBookのキー・・これが1cm位でしょうか。
でも、未だ寄れそうです。
周辺は流れてますけど、文字の淵取りのラインまで判りますね。

R0010271
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO96)
キーの質感も上々です。
こうして見ると、ディストーションはたしかに少ないですね。
周辺はまぁ目を瞑りましょう。
花の接写用途などでは、充分使える描写力だと思います。

R0010277
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO295)
猫の鼻・・これは最短です。
動かれたら、ベチャって来るので、勇気要ります(笑)
鼻汁っていうか、鼻を湿らせてる水滴までわかりますね。

こうして見ると、それ程アップでもないでしょう?
それだけ、猫は小さいって事です。

R0010279
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO351)
眼・・マクロエルマリート60の方が、解像力はさすがに上ですが、
そういうのと比べんな!

R0010276
(GR DIGITAL 3 F1.9 ISO218)
やっぱり、通常域の方が描写はいいと思います。
マクロだとシャープ克明ですが、特に猫の毛は、即物的になりがちですね。

しかし、ISOオートでのこの半端な数値群は何なのでしょうか?