最近、雨が続いています。

見事に時期外れではあるのですが、雨に相応しい紫陽花です。
6月の撮影ですが、NEXのファームアップ後、頭からすっ飛んでいました。

DSC00281
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 70mm f2.8 )
今回は、α700を使用しています。ある目的のために、オクで購入しました。
α900のサブカメラ用ではありません。
レンズは、シグマの2470ニッパチズームです。

pict
DSC00222
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 50mm f2.8 )

α700は今でも人気が高いので、綺麗なものは、4〜5万位の相場ですが、
逆に並品はそうでもなく、3万弱で買えました。
これ位なら、ペンタミラーのα350などを買うより、
α900と操作仕様もほとんど変わらない、700の方がいいと思います。
α350は、700より高画素で、ライブビュー搭載機ですが、
この頃のものは、かなり粗いというか・・まぁ黎明レベルのようです。


DSC00225
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 35mm f8 )

同時期に登場したEOS40Dと比べても、カメラとしての使用感は高く、
人気があるのは、解ります。
剛性感だけは、キヤノンの方が上だと思いますが、
ファインダーの見えとか、使い易さは、αですね。
α77の発表がカウントダウンみたいになった今でも、
OVFにこだわる人にとっては、稀少なモデルと言えますね。


DSC00227
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 70mm f4.5 )

ただ、画質は、900と比べてあっさりした印象で、
同じレンズを使っても、イマイチ出し切れていない消化不良感が残ります。

目的のひとつは、
シグマの70ミリを、100ミリマクロとして使ってみたい。
という事でした。まぁ今回は別のレンズですが・・

もひとつの目的は、
700自体の購入によって、予想外の貧乏に陥り、頓挫しています。。
9月位にならないと、どうにも動けそうにありません(笑)。


DSC00241
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 70mm f2.8 )

DSC00251
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 70mm f2.8 )

シグマのレンズは、たしか1:4位まで寄れると「MACRO」が付記されます。
まぁアジサイでこの位までは寄れるので、使い勝手はいいと思います。


DSC00300
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 45mm f2.8 )

DSC00309
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 55mm f2.8 )

逆行に関しては、優秀じゃないですか。
冒頭のカットもそうですが、点光源というより、もろ逆行です。
平然としてコントラストも落ちないですし、柔軟性のあるズームですね。


DSC00384
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 28mm f5.6 )

空気感というか、重厚さはイマイチかと思います。
これは、α700の画質も関係あるかもしれませんが。


DSC00314
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 60mm f2.8 )
こういうイメージの方が得意です。


DSC00347
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 24mm f4.5 )

DSC00361
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 60mm f2.8 )

アジサイで寺・・と言うと、鎌倉の成就院や明月院が有名ですが、
量の多さで言えば、高幡不動の方が圧倒的です。


DSC00388
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 24mm f4 )

DSC00413
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 70mm f2.8 )

境内全体と、後ろの山にまで咲いてるので、
五重塔を始め、色々な人工物と合わせて撮る事が可能です。


DSC00428
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 26mm f6.7 )

真言宗の寺ですが、
境内から後ろの山にかけて、四国八十八カ所の各霊場を記した地蔵があります。


DSC00435
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 55mm f4 )
お地蔵さん達には、各霊場の土が設けられており、
要は、ここでも、プチお遍路をした事に出来るというためものです。


DSC00449
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 60mm f4 )

同じものが、高尾山中にもありますが、
明治時代・・旅行がまだ命がけだった時代に、関東の信者のために、
地元の偉いお坊さん・・たぶん薬王院の僧侶だと思いますが、
四国まで行って、八十八カ所の土を持ち帰ったのだそうです。
だから、高尾山でお遍路すれば、八十八カ所を巡ったのと同じご利益があるのだそうです。


DSC00484
(α700 SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO 70mm f4 )

高幡不動のお遍路は、40分もあれば終わりますが、
高尾山は、1日かかると思いますよ。
このバーチャルお遍路コースは、日本の各地にもありそうですね。
以上、紫陽花から話が逸れましたが、高幡不動についてでした。

/div height=5