暑い日が続いていますね。
とりあえず涼し気なものを・・

DSC03858
(NEX-3 MacroElmarit-R 60mmF2.8 F2.8)

この1週間、1眼レフを使っていません(苦笑)
ピーキング第3弾は、マクロ60です。

P1020456
80に比べると、NEXで使用するには、丁度良いバランスです。
ならこちらの方が常用しやすいか?
と言うと、そうでもありません。
純マクロと言いますか、近接以外では、あまり万能ではないと感じるからです。


DSC03748
( F2.8 )

近接は特にシャープですが、80ミリのような優雅さは感じず、
あくまで劇的に写し込む事に徹した感じでしょうか。

ただ、近接の凄さに比べて、通常距離での描写は・・普通・・に見え、
描写パワーが半分位に落ちたような感じ。
通常距離、遠景等がダメという事ではないですが、
近接での冴えとの差が大きく感じるのです。
特に、開放は厳しいですね。
私的には、開放だと2メートル以上の距離はNGという印象になります。

「普通」な通常距離と、近接の差ですが、
猫は同じ場所で、自分が近づいて行く例です。

DSC03331
(F2.8)

DSC03328
(F2.8)

DSC03334
(F2.8)

全然違いますね。


DSC02972
(F2.8)

この辺からだと、とても安定しています。


DSC02983
( F2.8)

DSC03336
( F2.8)

ボケ方も綺麗です。
80は「どうぞご覧くださいまし♪」的な自己顕示性がありますが、
60はストイックです。
が、この近接のパワーは、シグマの70に負けてないですね。


DSC04036
(F4)
この位の距離までなら、充分なんですが、


DSC03986
(F5.6)
この位開くと、なんかね・・・

大雑把に考えれば、このレンズの近接描写は、
ズミルクス80のF2.8で置き換え可能と思います。


DSC03115
(NEX-3 SUMMILUX-R 80mmF1.4 F1.4)
やっぱり綺麗だ・・ズミルクス。
ん?・・これは開放じゃないか。。

DSC04166
(NEX-3 SUMMILUX-R 80mmF1.4 F2.8)

それでもこのレンズが残っているのは、
ライカの標準付近がこれしかないのと、
マクロ自体、先日までこれしかなかったからです。
後、ライカの標準付近では、ボケが一番綺麗にも思います。

遠景も絞れば普通には使えますが、

DSC03841
(F2.8)

DSC03842
(F5.6)

DSC03845
(F5.6)

重厚感とか、立体感とかいう感じではないんですよね。

↓これを見ると、通常距離では寝てるんじゃないか?
という感じが判ると思います。(大きな画像でないと、一見シャープですが?)
DSC03848
(F5.6)

DSC03849
(F2.8)

DSC03911
(F5.6)

解像感はないですが、マクロだけに、ネイチャーではいい質感になってるかも。
とにかく、近接でのパワーに比べると、一般距離では随分大人しい気がします。

後に出る、AME(ApoMacroElmarit-R 100mmF2.8)が、
「ユニバーサルレンズ」と謳って、
マクロというより、距離全域で良好な描写をするレンズ。
を目指したのも解りますね。
AMEは、マクロプラナー100と撮り比べた事がありますが、
差が出たのは、無限遠などの遠景でした。
ただ、1/2(AME)と等倍(MP100)という違いはありますので、優劣は難しいですが。

初めて買ったマクロは、マクロプラナー100でしたが、
マクロ域は勿論、通常の領域で、プラナー85より明確に写るのを見て、
マクロ=万能レンズ。というイメージが染み付きました。
その感覚で行くと、このレンズは、万能とまでは言い難い訳です。

次回は、本分であるマクロ描写について。。