ほとんど同じ場所なので、ヨコハマ編という程でもないですが、
他機種とのComparisonでなく、フリーに撮っていました。
前回のNEXを意識したカットもありますが、比較して面白い点も特になし(笑)

DSC03180
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 45mm f4.5)

さて、ニッパチズームと言うと、そのボケも気になります。
誰もがやると思いますが、開放で画角毎のボケを並べてみます。

DSC03230
(24mm)

DSC03231
(35mm)

DSC03226
(55mm)

DSC03228
(70mm)

ボケはまずまずでしょうか?
24mmでも一応主要被写体が何だか判る位にはボケますし、
この背景のボケ方は、私は好きです。
70mmは、55mmと比べてもあまり差がないですね。


DSC03235
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)
これは、前回のNEXと同じ場所からのカット。


DSC03258
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 70mm f6.3)
日曜日というのに、とても静かです。


DSC03264
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)
この辺も、港からただの公園に変貌してしまいましたが、
ただ広いだけのコンクリートの空間て、よく解りません。
赤レンガの方から、ずっと引っ張っていますよね。


DSC03285
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)
3月でしたので、服装が今とは全然違います。
時の流れは早いですね。

標準ズームは、広角側を纏めたくて買う人がほとんどではないでしょうか。
てか、標準は50mmだけでも良いのですから。。
よって、広角主体で使う事がほとんどで、結局は広角ズームに目が行きます。
そこで、前記事のEF17-40F4Lみたいな丁度いいレンズがあると、皆買うのですが、
ソニーでは、フルサイズの広角ズームというと、zeissの16-35mm F2.8。
20万近くします。

シグマにあるのが、12-24mm F4.5-5.6。
トキナーでは、16-28mm F2.8。
どうも、超広角へのシフトが強く、今ひとつ敷居が高いですね。

タムロンには、このクラスの存在がありませんが、
コニカミノルタ 17-35mm F2.8-4。
これは、元々タムロンのレンズです。
後は、
ミノルタ 17-35mm F3.5 G
これは、性能も高く、相場も高めで、やはり敷居が高いですね。

こう見ると、EF17-40F4Lのバランスの良さって、唯一無二ですね。
使い勝手がいい、順標準ズームというんでしょうか?
そういうの出して欲しいのですが、ソニーがフルサイズを何処まで考えてるのか?
最近疑問になってもいます。