大事な点をひとつ忘れていましたが、
今回の撮影では、α900のクリエイティブ・スタイル(ピクチャースタイル)が、
「ニュートラル」になっています。
ので、全体的に薄く見えて当然ではあります。

「ニュートラル」は、レタッチ前提で、エンジンによる脚色が無い。。
のが普通なので、RAW撮りでは一番使い易いモードです。
ソニー純正以外の現像ソフトでは、あまり関係ありませんが、
まぁ、基本は「ニュートラル」にしています。

それをそのまま使ってしまったのですが、
JPEGで普通に撮影するのなら、やはり「スタンダード」の方が、無難ですね。
であれば、もう少し色もコントラストも出ている筈です。

DSC03147_

例えば、前記事の万国橋の場合は、この位にはなってると思います。(同じ画像を補正)
象の鼻編は、「スタンダード」を意識して、彩度、コントラスト等を上げてみました。
まぁ何となくなので、「スタンダード」と同じ自信は、ありませんが。
DSC03157
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)


DSC03160
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 30mm f9.0)
この日は雲が出ていないので、空の描写がつまらんです。
これはこれで、リアルかなとは思いますが。


DSC03161
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)



DSC03170
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)
24mmが随分好きなようですね。。
A09でなくて、このレンズになるのも当然ですね。
と言うか、A09は、いつまで28mm〜でいるつもりなのでしょうか。



DSC03171
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 30mm f9.0)



DSC03212
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)
コントラストを上げて、暗部が潰れ気味ですが、中間調は、なかなかです。



DSC03213
(α900、SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG 24mm f9.0)
これらのカットも大分飽きてきたので、横浜 Comparisonも、
今後ネタを変えて行こうと思います。

結局ここでは、24mmと30mmだけ、絞りは8と9だけ。
単焦点もいいですが、やはり広角を伴うズームも楽しいものです。

やっぱり標準ズームは、50mmくらいまでにして、コンパクト化するか、
LX3のように、広角側のF値を上げたりしたほうが、使えるなと思います。