010101

あけましておめでとうございます。

正月の過ごし方は、出かける派、ゴロゴロ派と様々だと思いますが、
私は元日に限り、出かける派です。
やはり最初の日に動いてると、気持ちが安定します。
楽しんで・・未だ●日も休みが残ってる・・みたいな。

ロマンスカーも相変わらず好きで、去年と同じく小田原、真鶴方面へ行ってきました。
前回が去年の元日なのでジャスト1年振りです。
晦日の昨日は、鎌倉〜小坪でα900を振り回してきたので、
今日は身軽に行こうとR1のみ、スナップ感覚で行ってきました。

010102

小田原の綺麗な海


010103

かわいい兄妹(三毛なので姉ですが・・)

この二つでかなり満足してしまい、真鶴は止めて早々に帰ってきました。
時間にして3時前だったと思います。


010104

薄汚れた白い毛が、野良っぽくてたまらなく惹かれます。

鎌倉(冒頭の写真)、小田原、と続き、交通費だけで5千円。
休みの残りは何処へも行かず、データの整理や掃除で過ごします。。


さて、昨年は久々に物欲に走った年でした。
α900の購入、その付随としてのサブカメラやPCのリニューアルなどですが、
そもそもα900導入のきっかけに繋がったのは、キヤノンのS90というコンデジでした。

コンデジは、パナソニックのLX2を2年位使っていました。
特に好きだった訳ではなく、コンデジはこんなもんだろうと、追いかけてなかっただけです。
LX2は、画質はともかく、操作感はカメラっぽくて秀逸なんですね。
が、レンズバリヤー式で、高感度がせめてISO400位は常用出来たら、便利なのにな
と思っていました。

そこへキヤノンがSシリーズを復活させ、高感度にも強いらしいと知り、
コンデジの入れ替えを考えたのです。
PowerShotは、G系が頂点ですが、レンズを広角側にシフトしたのがS系で、
Gより実用的なのですが、S80以降途絶えていました。
今ではGシリーズも28ミリ位からはあるようですね。

で、5月位にS90を購入しました。
マニュアルカメラライクな操作感と、黒一色の地味なデザイン、ポケットに入る大きさ。
その硬派なコンセプト、意気込みが伝わってきますが、
・・画質にあまりにがっかりしました。

これは、S90が悪いのではなく、今のコンデジは皆あんな感じなんだろうと
勝手に思っています。
抜けが悪く艶がなく描写の厚みなどゼロに等しい、携帯の高級版みたいな感じ。
少なくとも、LX2や先々代のS70や、後から知ったN2などは、
もっとしっかり写ってると思います。

私は、キヤノンの画像は好きなんだと思っていましたが、
R1と40D、N2とS90、
ソニーに移行するのは、自然な事ですね(笑)

コンデジはメモ、フレーミング練習用と割り切った方がいいですね。
そう思えば、S90でも悪くはないですが、3万の価値は無いと思いました。

よって、たとえ3万円でもコンデジではなく、一眼レフのレンズに金をかけるべきと、
S90を売って買えそうなレンズを探しておりまして(EF35/2辺り)、
でも欲しいと思わせるような作例はなく、
こんなのわざわざ買うなら、次のターゲットであったEF135/2Lに逝った方がいいか?
などと検討しながら、135繋がりで、ゾナーが目に入ってしまったのです。

価格COMなどに作例がよく出ていますが、
素人が普通に撮ったあの手の写真が一番参考になります。
私の目には、EF135Lとゾナー135/1.8は別次元の描写に思えて、
ツァイス熱が復活してしまったという事ですね。

EF135Lは、綺麗です、シャープです
ゾナーは、現実そのものです。

その先はこのブログにも書いてきた通りです。

今年はこのα路線を更に継承して・・先ずはプラナー85から?