111401

( α900 SAL135F18Z , 1/500 F3.2 ISO200)

ニューシステムのハンドリング第二弾として、昨日は鎌倉に行ってみました。
桜の季節以来なので半年ぶりです。

江ノ島より先にこちらと思ってたのですが、土曜の鎌倉は人が多過ぎて、
鎌倉という場所ならでわの、静けさの中で心の垢を落とすような気分に浸れません。
それでは、鎌倉の意味がないのだ。

アウトフィットは、先日と同じ、α900とDSC-R1ですが、今回は縦グリ装着で行きました。
やはり重さがちょっと違いますが、結論的には縦グリ装着を基本にしようと思います。
理由は、ブレやピンぼけが圧倒的に少なかったからです。


さて、硬い猫写真はおいといて(笑)、私の好きな鎌倉の町並みを紹介します。
こういうのは、当然R1で撮っていますが、来る度にシャッターを押してるものばかりなので、
R1が如何に理想的な描写かってのが、まぁ私の実感としては、よく解ります。

前半の今日は、若宮通りに行く途中にある、丸七商店街です。
大好きな空間で、いつも必ずここを通って行きます。

111402

・・先ずは入り口の看板が昭和40年代。こいつが吸引力となる訳です。
111403

所謂、ガード下的な商店街ですが、こういう場所はどんどん消えています。



111404

各店舗の看板がどれも昔のままでいいですね。
正面の鰻やのショーケース、メニューは蒲焼き一点のみでした。



111405

立ち飲み屋の向こうに、魚屋、肉屋があり、そこはいつでも人が多いです。
静岡にあった、中田マートを彷彿とさせます。



111406

そして総菜屋。コロッケ74円は安いですね。
いつも素通りしてたのですが、次は買ってみようか。。

こういうズボラ写真撮ってると、大抵カメラの粗が見えてくるんですが、
DSC-R1、なかなか破綻が無いですね・・流石です。