110802
(α900 SAL135F18Z , F4)

110701
(α900 SAL135F18Z , F2.8)

α900をベースにしたシステムで、私のデジタルへの道もフェーズ2に入った事になってるのですが、
(初夏からそんな事を言っていますが)
本日、そのシステムのデビュー戦で、江ノ島に行ってきました。
購入から随分時間が経ってますが^^;
夏に入ってからは、重いα900は放置・・その間ずっと、DSC-R1が主役でした。

まぁいきなり外へ持ち出しても、使いこなせるものではなさそうなので、
9末辺りから、重さと使い勝手に慣れるために、毎日使っていました。
・・被写体は、ウチの猫です。
未だデビューには早いと思いつつ、
今年は江ノ島に行ってないし、このシステムのハンドリングを早く知っておくべきだし、
と決行しました。

アウトフィットは、α900+Sonnar135/1.8、DSC-R1です。
原則、ゾナー1本勝負であり、R1はイマージェンシーなポジションです。

110803
(α900 SAL135F18Z , F2)

110801
(α900 SAL135F18Z , F4)

先ず一番懸念していた重量ですが、
意外に普通の重さで、以前のEOS2台(40DとX2)と、体感的にはそう変わりません。
これならα900×2で行けるかも?などと思いましたが、まぁそれは、α950でも出たら考えるとして・・
今回は縦グリは付けてません。。そこでかなり変わる気も。

次の懸念がデータ量ですが、
16GBのCFセットで、全てcRAWで 498枚撮影、残り3.46GBでした。
一緒に8GBのメモリースティックでも入れとけば、日帰りの撮影なら十分足りそうです。
まぁこれまで使っていた、4GBでは話にならないという事です。。
考えてみれば、この10GB超という量は、これまでの1〜3月分のデータ量に相当する訳で、
それを1日で消費するなど、恐ろしい限りです。

バッテリー消費がEOSより全然早いので心配だったのですが、1本ギリギリ位に留まりました。
予備ひとつあれば、心配なさそうですね。

たしかに135ミリだけというのは、厳しいなと思う側面もありますが、
それはどんな画角でも出て来る事ですし、何とかなると言えば、なります。
どうしても広角がぁ・・というのは、

110704
( DSC-R1 )

このモチーフだけでした。これは、花と石段を一緒に入れたかったので。
まぁ今回はどうしても機材を使うための撮影色になってしまいますが、
自然な撮影(笑)に、早く辿り着きたいものです。
奥行きにバリエーションが欲しいので、先々2本勝負くらいにはしたい所ですね(笑)。


110705
( DSC-R1 )

土曜でしたが、下りロマンスカーが日中あるのと、11月頭で紅葉でもないし・・
と、普段のつもりで行ったら凄い人@@;


110706
( DSC-R1 )

一応晴れでしたが、雲が多くて、島の中は光のフラットな状態が大半と、イマイチでした。
一眼カメラ所持者がホントに多くなりましたね。


110707
( DSC-R1 )

なんだかナメた自販機です。


110708
( DSC-R1 )

帰りは、富士山のシルエットがくっきり見えていました。