先月は結局、ほとんどR1で撮っていました。
R1は広角ズームとしての使用がほとんどなのですが、
望遠側も勿論悪くはないです・・望遠というか、中望遠ですが・・

070901070900
( 75mm付近 F2.8 ISO160 )     ( 100mm付近 F5.6 ISO160 )


テレ端は120mmですが、70mmあたりが使いやすく、
35mmの上は、50を飛ばして、70に割と行きます。

R1の24-120mmというズーム域は、
一眼レフαの、ツァイスズーム、DT1680と同じです!
α550+DT1680でいくらになるか?と考えると、R1は割安かもしれません(笑)。
更に、裏面照射で話題になったWX1とも同じ。。

まぁ24mmからの5倍ズームという所で重なっただけだと思いますが、
上が120mmというのは珍しいので、何か意味が・・?なんて考えていまいますね。
たぶん、「ソニーは24mm好き」という以外、意味はないです(笑)。

特に高性能デジカメで気になるのが、デジタルズームなんですが、
ソニーには、間増しのプレシジョンズームと、トリミングのスマートズーム、
があります。
当然後者の方が、画質はいいだろうと思うのですが、
JPEGでデータサイズ3M(長編ピクセル2160)の場合、
200mm相当(9倍)までズーム出来ます。
これって、コンデジの光学200mmより高画質では?
なんて考えてしまいますが、そこはわかりません。

煩い事を言わなければ、このスマートズームは、使えるレベルなので、
実質、24-200mmのつもりでも行けるという事です。

070902070903
( 光学テレ端(120mm) F4.8 ISO200 )     ( 8倍(190mm付近) F4.8 ISO160 )

更にデータサイズ最小の1M(長編ピクセルが1024)では15倍(360ミリ相当)
になりますが、ここまで来ると、等倍鑑賞してるのと同じ?なので、
遠景は全体に滲んでるようにしか見えません。
近景はまぁ耐える程度なので望遠マクロ的な用途には良いかも。

070904070905
( 9倍(210mm付近) F4.8 ISO160 ) ( 15倍(360mm付近) F4.8 ISO160 )

070906070907
( 15倍(360mm付近) F4.8 ISO160 ) ( 15倍(360mm付近) F4.8 ISO160 )

開放がF4.8となると、あまりボケを期待出来ないスペックに感じられますが、
寄るなり、背景の距離を考えるなりすれば、まぁ悪くないと思います。
デジカメの望遠域自体が、遠景用というよりは、
近接でボカす用途向きと考えた方がよいのでしょうか。

070910070911
( 120mm F4.8 ISO400 ) ( 120mm F4.8 ISO400 )