〜猫の鼻〜 suzukineko photo blog

一眼レフ、ミラーレスでの猫撮り。ソニーのカメラ、ZEISSレンズの使用感などを発信しています。

〜猫の鼻〜  suzukineko photo blog イメージ画像
【SONY】SEL135F18GMのソニスト価格は、214,000円+税

2019年04月

高感度はかなり良くなっているやっぱり、違いが特にわかりやすいのは、高感度だと思います。ここは、裏面のM3が、どうしても有利です。よく、初代の表面とM2以降裏面との違いで、「露出1段分程度の向上」とのレビューを見かけますが、ノイズの発生量的にはそうかもしれませ
『RX100 初代からMK3へ乗り換えました。高感度編』の画像

なぜレンズを変えたのか? RX100シリーズは、今日までに2度レンズを変えています。このうち、MK6の28-200mm・・高倍率化は、如何にもメーカーの考えそうな事で、シリーズのバリエーションと考えてもいいと思いますが、MK3で、24-70mmになったのはなぜでしょうか?F値が明るく
『RX100 初代からMK3へ乗り換えました。レンズ編』の画像

AFが明らかに良くなっているRX初代が出たのは、2012年。この頃のソニーは、普通のコントラストAFなので、NEXを含め、狙った所にピントが来ない事は当たり前にあったと思います。それが普通と思ってましたけど、今回、実写で一番感じたMK3のアドバンテージは、AFでした。同じ
『RX100 初代>MK3に乗り換えました。ピント編』の画像

MK3、実は安定した人気機種 今からMK3ですか?・・という話ですね。 世間では、MK6が買いだの、凄いだの言われています。 一方、初代が好きだ! という人も、未だに多いのではないでしょうか? 私は、初代が特別好きというより、 RX=コンデジ自体に、それ以上のコストをか
『RX100 初代からMK3へ乗り換えました。機能編』の画像

↑このページのトップヘ