〜猫の鼻〜 suzukineko photo blog

一眼レフ、ミラーレスでの猫撮り。ソニーのカメラ、ZEISSレンズの使用感などを発信しています。

〜猫の鼻〜  suzukineko photo blog イメージ画像
【SONY】SEL135F18GMのソニスト価格は、214,000円+税

2011年07月

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110708_459222.html DC Watchにこんなのが出ていました。 対応マウントは、ニコンとキヤノンのみ。 アダプタというよりは、アダプタ付きデバイスと言うべきものですが、 ストラップや三脚の穴は勿論、フォーカシングスクリ
『iPhoneもこれでミラーレス?一眼レフレンズ用アダプタ』の画像

http://www.sonyalpharumors.com/sr5-hot-16-50mm-f2-8-ssm-to-be-announced-in-late-august-for-799/ SR5なので、ほぼ信じて良さそうですが、 以前から言われている、A77の新ズーム・・ 16-80ZAの後継とも言われていますが、 ニッパチズームという事です。 これは、APSCの
『α77と同時発表のZeiss16-50mm SSMは、F2.8通し!』の画像

このシリーズで、最初に試した28ミリですが、 考えて見れば、遠景でばかり撮っていました。 一眼レフのピント合わせで、一番判り難いのは、 実は、大口径の開放とかではなく、広角レンズです。 合う合わないは別にしても、大抵の標準〜中望遠以上のレンズでは、
『NEXのピーキング実践 エルマリートR28 近距離編』の画像

mirroles rumorsに続けて掲載されています。 http://www.mirrorlessrumors.com/surprise-the-nikon-q-is-not-a-joke/ まずニコンですが、昨年に噂で流れて終わった、Nikon Qに関して、 ドイツのフォーラムからという下りで、 「信頼出来るソースによれば、ニコンは
『Nikon Canon ミラーレスの動向 』の画像

このレンズは、さすがにNEXで使うにムリがあると思い、 ピーキングテストの予定にも入れてませんでした。 見た目は、No.5フード付き80の方がヘヴィーですが、 実際の重さは、こちらの方が、1.5倍程あります。 換算270ミリの望遠になり、重さは1kg弱ある上、長い鏡筒
『NEX ピーキング実践 アポエルマリートR180編』の画像

http://www.sonyalpharumors.com/poll-should-sony-re-establish-the-rokkor-brand-on-sony-lenses/ 単なるユーザーレベルでの投票を募ってるだけで、 ソニーの動向とは関係ないですが、 「DT18-55,SAL35F18などの味気ないネーミングを止めて、 栄光あるロッコールブ
『ロッコール銘をソニーで復活案?』の画像

本日、防湿剤を買うためにヨドバシへ行って、 ミラーレス新機種を見てみましたが、 まず、GF3はナシだなと思いました。 ・・実機を見るとやっぱりヘンで、松下迷走か?という感じです。 ここは、オリンパス圧勝そうです。 一方、G3は、GF2にEVFを載せた位のコンパ
『オリンパス E-PL3とEPM-1は、どちらが買いか?』の画像

マクロレンズというのは、万能レンズという意味合いが強く、 寄れるレンズとして使う事はあっても、 肝心のマクロ撮影というのは、ほとんどした事がありません。 が、やってみると意外に楽しいと、先日の薔薇を撮ってて実感しました。 このレンズには、新旧2世代の鏡
『NEXのピーキング実践 マクロエルマリートR60 マクロ編』の画像

暑い日が続いていますね。 とりあえず涼し気なものを・・ (NEX-3 MacroElmarit-R 60mmF2.8 F2.8) この1週間、1眼レフを使っていません(苦笑) ピーキング第3弾は、マクロ60です。 80に比べると、NEXで使用するには、丁度良いバランスです。 ならこちらの方
『NEXのピーキング実践 マクロエルマリートR60編』の画像

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110701_457596.html 常連さんのコメントで私も初めて知ったのですが、 カメラ業界もサプライズが続きますね。 ケンコーがトキナーと合併になったのは、先月でしたか? こちらは元々親子の関係で、社名の問題だと思います

↑このページのトップヘ