〜猫の鼻〜 suzukineko photo blog

一眼レフ、ミラーレスでの猫撮り。ソニーのカメラ、ZEISSレンズの使用感などを発信しています。

〜猫の鼻〜  suzukineko photo blog イメージ画像
【SONY】SEL135F18GMのソニスト価格は、214,000円+税

更新情報

018.04の市場価格発売からほぼ一月経った、A7iiiですが、ミラーレス一眼でのランキングもトップで、大好評のようですね。やはりこの普及モデルを待っていた人は沢山いたんだなと思います。現在の価格は、価格コムの最安が¥217,000となってますが、この最安店で実際に買うと
『ソニー α7iiiのタッチとMFの操作性は残念仕様?』の画像

一眼レフの能力最近はスマホカメラでも綺麗な写真を撮れるようになってますけど、一眼レフ、ミラーレスタイプのカメラの性能もどんどん上がっていて、やはり遥かに素晴らしい表現力を持ってると思います。価格も安くなっていますが、EOS KISSでも、E-M10でも、D3400でも、プ
『一眼レフ、ミラーレスの使いこなしに最適な2つのジャンル』の画像

かんたん決済「受付け」の通知が来ても、 その後一向に「売り上げ確定」にならない! そういう仕様変更です。 ヤフオクの場合、 偶々売りたいものが出て来たとか、事情があってとかで、 常に出品をしている人ばかりではないと思います。 私もそうです。 カメラ系の整理
『ヤフーかんたん決済のルール変更 2018年3月より出品者は要注意』の画像

カメラ戦線というか、ソニーの話なんですが・・今年一言残すとしたら、タイトルの通りとなります。 つまり・・2017年はソニーからホットなフルサイズモデルが2機種(α9、α7RIII)も出ました。 それはまぁ素直に拍手喝采したい所で、これだけのモデルを送り込むソニーの力
『2017年カメラ戦線を振り返って・・αIII(無印)は発売されないのか!?』の画像

結構有名な商品みたいです。 外観は普通のポーチ型ケースなのですが、 このように吊るして、洗面用品や、女性の化粧関係のものなどを入れて使うのが本来の用途です。 英語ではただの「HANGING BOX CASE」ですね。 このままでも優れたアイデア商品だと思いますが、見た瞬間
『無印良品の「吊るして使える洗面用具ケース」がNEXのシステムバッグとして秀逸過ぎる!』の画像

最近はアップル製品にも一部適用可能になっている「残価設定型クレジット」 カメラ屋でこれを扱ってるのは今の所ソニーだけのようですが、実際ソニーのシェアを伸ばす上でかなりの貢献をしてるのではないかと思われます。 残価設定型クレジットを単純にローンとして見た場合
『ソニーの残価設定クレジットであのカメラを購入してみた』の画像

久々にMC Rokkor 1.4/58を使っていますが、柔らかいですねぇ。 開放でキャッチライトがはっきり来ているレア、ラッキーなパターン(笑)です。 EXIFのレンズ名と絞り値はもちろん手入力ですが、実際ほとんど開放です。 開放とF2の違い、おさらいです。 とにかくどこにでもエ
『MC ロッコール 58mm F1.4』の画像

中野での撮影の際、幾つかのショットを同時携行のRX100と撮り比べてみました。 NEXはマニュアル、RXはオートと、それぞれ普段の撮り方でやっており、露出を合わせるような厳密な比較ではないですが、被写体側の条件はほぼ同一です。 あと、DRO(ソニー機の暗部自動補正機能)は
『Neewer28mm F2.8 RX100と簡単に比較してみた』の画像

↑このページのトップヘ