〜猫の鼻〜 suzukineko photo blog

一眼レフ、ミラーレスでの猫撮り。ソニーのカメラ、ZEISSレンズの使用感などを発信しています。

〜猫の鼻〜  suzukineko photo blog イメージ画像
【SONY】SEL135F18GMのソニスト価格は、214,000円+税

更新情報

カメラ戦線というか、ソニーの話なんですが・・今年一言残すとしたら、タイトルの通りとなります。 つまり・・2017年はソニーからホットなフルサイズモデルが2機種(α9、α7RIII)も出ました。 それはまぁ素直に拍手喝采したい所で、これだけのモデルを送り込むソニーの力
『2017年カメラ戦線を振り返って・・αIII(無印)は発売されないのか!?』の画像

結構有名な商品みたいです。 外観は普通のポーチ型ケースなのですが、 このように吊るして、洗面用品や、女性の化粧関係のものなどを入れて使うのが本来の用途です。 英語ではただの「HANGING BOX CASE」ですね。 このままでも優れたアイデア商品だと思いますが、見た瞬間
『無印良品の「吊るして使える洗面用具ケース」がNEXのシステムバッグとして秀逸過ぎる!』の画像

最近はアップル製品にも一部適用可能になっている「残価設定型クレジット」 カメラ屋でこれを扱ってるのは今の所ソニーだけのようですが、実際ソニーのシェアを伸ばす上でかなりの貢献をしてるのではないかと思われます。 残価設定型クレジットを単純にローンとして見た場合
『ソニーの残価設定クレジットであのカメラを購入してみた』の画像

久々にMC Rokkor 1.4/58を使っていますが、柔らかいですねぇ。 開放でキャッチライトがはっきり来ているレア、ラッキーなパターン(笑)です。 EXIFのレンズ名と絞り値はもちろん手入力ですが、実際ほとんど開放です。 開放とF2の違い、おさらいです。 とにかくどこにでもエ
『MC ロッコール 58mm F1.4』の画像

中野での撮影の際、幾つかのショットを同時携行のRX100と撮り比べてみました。 NEXはマニュアル、RXはオートと、それぞれ普段の撮り方でやっており、露出を合わせるような厳密な比較ではないですが、被写体側の条件はほぼ同一です。 あと、DRO(ソニー機の暗部自動補正機能)は
『Neewer28mm F2.8 RX100と簡単に比較してみた』の画像

さて、少し時間が空いてしまいましたが、前回からの続き・・いつもの中野でも撮っています。 天気は普通に晴れでしたので、ISOは100、絞りはF5.6を基準に暗ければ開ける、後はSSで調整という感じで行きました。 EXIFのうち、絞り値はF2.8固定で手入力しています、ご容赦くだ
『Neewer 28mm F2.8 NEXにフィットするMFパンケーキレンズ:実写編◆戮硫菫

前回紹介しました激安パンケーキMF中華レンズのNeewer 28mmF2.8 殆どコンデジ感覚で持ち出しができ、まともなMFが使えるという、NEXらしさを最大限に引き出せるギア・・今回は実写の方をもう少し見ていきます。 いざ編集してみたらかなり長くなってしまったので、2回に分け
『Neewer 28mm F2.8 NEXにフィットするMFパンケーキレンズ:実写編 戮硫菫

まずはご覧下さい!このレンズです。 Neewer 28mm F2.8 と言うAPSC専用のレンズで、画角としては42mm相当。 大きさはSEL16とほぼ同じ位で、正にNEX5系のボディにジャストフィットなディメンジョンです。 現行Eマウントのパンケーキレンズには、純正のSEL16F28とSEL20F28が
『NEXシリーズに合う究極のMFパンケーキレンズ!導入編』の画像

↑このページのトップヘ