〜猫の鼻〜 suzukineko photo blog

猫の情景、横浜や鎌倉の撮影日記と物欲の情報、Zeiss,SONY,α900,α7,RX,NEX,

【Sigma】Artシリーズに135mmF1.8をリリースか?http://www.sonyalpharumors.com/sr5-four-sigma-lenses-will-announced-cp/

コシナがCP+にNokton 1.2/40など3本のEマウントレンズを出品

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
cp-2017-pless - cp-2017-pless.pdf
見ているとどれも欲しくなります(笑)
・MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
・NOKTON 40mm F1.2 Aspherical
・NOKTON classic 35mm F1.4

image


Loxiaを使い始めて、コシナのレンズ凄いなぁと思ってる矢先・・

コシナのEマウントレンズ
は超広角ばかりとニッチな3本が現在リリースされてますが、今回は一般的な画角・・とはいえ大口径とマクロという事でどれもスペック的にはそそられる物ばかりです。

このうち、35mm F1.4は既にVMマウントにある人気レンズのEマウントチューン=Loxiaと同じ商法ですが、VM版+ヘリコイドアダプタよりは周辺画質などが改善しているという事でしょうか?

ビオゴン2/35 ZMもLoxiaになってだいぶ改善されているとよく言われています。
しかしこのレンズ、ハロで有名なズミルクスMの1.4/35をモデルにしていると思いますが、収差をかなり残しているらしく、開放は全くピントが来ないなどというレビューも見かけます。
スペック的にはこの大きさでF1.4なのだから最高のモデルですが。

後の2本は新設計のレンズでしょうか
F1.2のノクトンは、最短も40cmという所が微妙ですが、写りは現代のレンズなのでしょう・・安心して使えそうです。価格次第で候補になりそうですね。

アポ・ランターは最初に出た時が125mm、今回のは65mmという事でビゾフレックスを意識しているんでしょうか?

Makro Planar 2/50以外でやっとF2のマクロが出ましたね。
このスペックを猫用万能レンズとして欲しいと思っていましたが、アダプタ経由でA7に付けるのもパっとしないと思い、使うならニコンボディで!と考えてました。
それが、このレンズの登場でA7でも実装できる訳です。
現実的には一番そそられるスペックですね。

しかし、65mmというのはやはり長い。。50マクロとはかなり使い勝手は異なりそうにも思います。
また、フォトキナ出品での画像を見てると、結構大きそうですね。
これも大変気になります。

35mm F1.4のノクトンは、VM版が4万円台とこの手のレンズにしては安価なので、大体いくら位になりそうか想像つきますが、F1.2とF2マクロの価格については全く不明です。

それにしてもどれも素晴らしいスペック

2017年最初の買い物

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨年後半は、iPhone5の起動トラブルを機に、モバイル環境の見直しに走っていましたが、今年も年頭から大きな買い物をしています。
さぁなんでしょう?

Lr4-20170111-_DSC2110-RX100
アップル製品でも、ソニーでもありません。

アップルは所詮ツールですし、ソニーは仕方なく買っているという側面もありますが、もっと純粋に心が躍るもの♪・・・
となれば残りはこれしかありません。

Lr4-20170111-_DSC2113-RX100
ん?おぎさくで買ってますね。てことは?

Lr4-20170111-_DSC2115-RX100

ZEISSだよ!


Lr4-20170111-_DSC2117-RX100
箱は単なるガワとレンズ構成を描いた本箱に分かれるというこの凝りよう。
とりあえず開封に当たって、ここで感激してしまいました。
表記がCarl ZeissからZEISSになって、初めてのツァイス、
また初めてのコシナ式ツァイスです。

続きを読む

格安スマホ Huawei(ファーウェイ) Honor8購入

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
別にiPhoneでなくてもいいんだけど、
格安スマホとか中華スマホとか、
何か面倒臭そうで結局余計な事で振り回されそうな気がするし…
と、迷ってる方は、飛び込んでしまっていいと思いますよ。

もう1月位経ちますが、アンドロイドも意外に使い易いです。

2016-12-23-22-36-37
外観上の特徴であるガラス仕上げのボディ。
iPhone7ジェットブラックとは仕上げ方法も違うので
どちらが高級かはともかく、
ピカピカ度ではこちらが上だと思いました。

特にHuaweiは、スペックだけでなく、
デザインやユーザビリティに力を入れてるメーカーではないでしょうか?

私がアンドロイドに関して知っていた事と言えば、

・アプリを入手する場所はGoogle Playである

ホントにこの程度の知識しかありませんでしたが、
私の普段の用途
・編集、ストレージなど写真系全般・他のデバイスとの連携
・一部のSNS・Eメール・Web

の範囲では、iPhoneと殆ど遜色なく使えています。

要はアプリが使えて、Googleの基本サービスに馴染みがあれば、
それ以外の端末設定とか、ホームの操作とかは、大差ないものです。

大画面とキー入力にまだ慣れないので、今はiPhone5メインで、
徐々にやれる事を増やしている感じですが、
スマホはiPhoneでなくても全然OK!これははっきり実感できます。
続きを読む

iPhone5 安価なキットで自力バッテリー交換

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone5に話は戻りますが、
今回の突然死事件・・そもそもの背景は、疲弊したバッテリーです。
何かの操作中に突然電源オフ・・これを続けてては何があってもおかしくはありません。
そこで復旧後、バッテリーの状態を2つのアプリで確認してみました。

Untitled 3
満充電でも14%にしかならないという、想像以上の状態でした。
疲弊・・というより瀕死状態ですね。
iPhoneは使用中に充電量の残りが20%を切るとアラートが出ますが、
それにすら満たないという事ですから、正にAlmost dieです。

という事で、使い続けるのであれば、バッテリー交換必須ですが、
正規料金では、iPhone全機種7800円となっています。
・・今からiPhone5にかける金額としては微妙に高い。。

が、常にモバイルバッテリか何かに繋いで使うとなると、動かないよりマシとは言え、実際これがかなりウザいです。
(実際、今回の交換作業までそうして使っていましたから)

続きを読む
記事検索
Author Profiel
Recent Comments
ACCESS
  • 累計:

  • ライブドアブログ